2018年05月09日

精子クライシス!?

雨が続いて寒い日となりましたね。
梅雨が近づいて来ましたでしょうか。

要注意.jpg

さて、今日は精子の危機について下記の記事をシェアさせて頂きます。

今、男性の精子に危機が迫っています。
去年(2017年)、欧米の男性の精子の数がこの40年で半減したという調査結果が発表され、世界に衝撃が走りました。
日本人も対岸の火事ではなく、欧州4か国との比較で、精子の数が最も少なかったことが過去に判明しています。
WHOによると、不妊の原因は、約半数が男性側にあるといわれています。
食べ物の添加物の成分とか、大気汚染とか、ライフスタイルとか、それらの要因が精子の数や運動率の低下を招く可能性があります。
さらに、最新の研究で精子の新たなリスクも明らかになり、ある年齢を境に、見た目は元気でも中身が老化した精子が増加し、受精卵に細胞分裂を促す力がなく、不妊の原因になる場合があるというんです。
いつまでも男の場合は精子さえいれば子どもができるかといえば、そうはいってられず、年齢的に子どもができにくくなるというのは、女性だけではなくて男性にも責任の一端があるのです。
つまり、男性の精子危機には、精子の数や運動率が悪くなっているということと、一見は元気な精子でもDNAが損傷しているものがあるということが分かってきたということになります。
そしてここに精子を守る7か条を記したいと思います。
1.禁煙すべし
2.禁欲は間違い
3.ブリーフよりトランクスを
4.妊活時期はサウナを控えよ
5.ひざ上のパソコン操作はダメ
6.自転車に注意
7.育毛剤に注意

弊社では、卵子提供プログラムと精子提供プログラムをご案内させて頂いております。
海外での不妊治療プログラムをご検討中のご夫妻は、ぜひお気軽に、弊社までお問合せ下さい。

posted by TFC at 23:36| Comment(0) | 精子提供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月25日

大渕愛子氏&金山一彦 第3子妊娠を報告 昨夏一度は諦めたが…「大変感激」

こんにちは。本日は芸能界からの嬉しいニュースです。

大渕様.jpg

弁護士で「行列のできる法律相談所」などでおなじみの大渕愛子氏(40)が24日、ブログを更新し、第3子を妊娠していることを報告した。安定期に入っており、出産予定は9月という。2014年8月に俳優・金山一彦(50)と結婚。2015年3月に第1子長男、16年12月に第2子次男を出産している。
大渕氏は昨年9月のブログで、夫婦で話し合った結果、「年齢、体力、環境などを考えても、もう1人は難しい」という結論に至ったことを記していた。
大渕氏は24日夕に更新したブログで、「現在、第3子を妊娠しており、安定期に入りました」と報告。「第2子出産後、夫と話し合い、一旦は『2人を大切に育てて行こう』という方向で話していたのですが、『やはりできればもう1人…』という思いが日々強くなり、12月頃に再び話し合い、自然に任せようと決めたところ、新しい命を授かることができました」と一度は3人目を諦めたものの、昨年12月ごろに再び話し合いをし、自然に子供を授かる方向に考えを変えた時に、新しい命を授かったことを明かした。
そして「大変感激し、また、心から感謝しております」と感謝の思いをつづった。


40歳で第3子ご妊娠、おめでとうございます!
元気な赤ちゃんが生まれてくることをお祈りします。

posted by TFC at 18:22| Comment(0) | 弊社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

カウフマン療法について

こんちには。
桜が散って緑が綺麗になりましたね。

C.jpg

カウフマン療法というのは、卵巣機能が衰えている場合(反応が鈍い)などに使われる不妊治療法の一つです。
不足しているホルモンを補い、規則的な月経周期、排卵周期を取り戻すのが目的です。
また、卵巣機能不全の長期化によるホルモン欠落症状の改善、思春期では第2次性徴の発現を促します。
治療自体には排卵誘発作用はありませんが、3ヶ月〜6ヶ月間治療後、リバウンド現象を利用して、その後の自然排卵周期を期待することができます。

治療後の効果は?
カウフマン療法で不妊治療を行なっている間、基礎体温は薬によって、正常な変化を行ないます。
しかし、卵巣は休憩状態のため、排卵はありません。
排卵がないので妊娠しませんが、身体が正常な生理周期を勉強している期間です。
カウフマン療法を数ヶ月から半年間継続することで、薬に頼らずに、身体が自然な生理周期を取り戻すのが目的です。
弊社でご案内している卵子提供プログラムにおいても、月経不順の方や、閉経後の方には、このカウフマン療法を用いて月経の誘発を行います。
月経周期が乱れていたり、閉経している方であっても、カウフマン療法により月経を誘発し、子宮の状態を整えることで、受精卵の移植が行える状態を作ることが可能になります。
必要な治療を取り入れながら、バランスの取れた食事や、適切な運動にも心がければ、きっと身体も喜びますね。
ご自身に合ったスタイルを取り入れて、張りのある毎日を過ごしたいものですね。

posted by TFC at 15:43| Comment(0) | 弊社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

卵の年齢と妊娠率

こんにちは!
春の嵐吹き荒れる、快晴の東京です。

Junichi-Ishida-Riko-Higashio.jpg

4月7日、プロゴルファーの東尾理子さん、無事、第三子をご出産になられたとのニュース、お聞きになりましたでしょうか。

つい先日、生放送の番組でお姿を拝見したときに随分とふっくらしておられ、ご出産も間近とお見受けしておりましたが、本当に直ぐでいらっしゃいました。
一週間早まったのですね。

とはいえ、第一子ご妊娠の報道の際は、インタビューに答える間の一挙手一投足も恐る恐るといった体で、画面からも緊張が伝わって来る程でしたが、3回目ともなられるとさすが!の貫禄。
どっしりとして、頼もしいお母様でした。

東尾理子さんご自身は43歳。妊娠は体外受精によるものですのでともすると「43歳での体外受精成功例」と考えてしまいがちですが、実際には少し違います。

妊娠率は母体の年齢ではなく、卵の年齢に関連することが分かっています。
理子さんが今回移植した受精卵は不妊治療を経て2012年の第一子ご懐妊の前、理子さん37歳前後の頃の卵です。

同じ頃お母さんの卵巣にいた卵が、6歳の年齢差の兄弟/姉妹として生まれてくるのは、なんだか不思議ですね。


posted by TFC at 13:00| Comment(0) | 卵子提供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

マレーシアでの卵子提供プログラム

こんにちは。昨日までは上着がいらなかったのにもかかわらず、本日は少し冷えますね。
身体を崩さないように、お気を付け下さい。

マレーシア.jpg

さて、弊社ではマレーシアでの卵子提供プログラムもご提供しておりますが、マレーシアの医療水準にご不安を抱かれる方も少なくは無いかと思います。マレーシアは東南アジアの1国ですが、医療水準は高く、周辺各国から様々な治療を求めてマレーシアに来る人達は多いそうです。

マレーシアの医療レベルが高いというのは意外だと感じる方も多いかもしれませんが、マレーシア保健省によると2013年に渡航治療でマレーシアを訪れた外国人は77万人(不妊治療以外も含む)にも上るとのことでした。周辺諸国に限らず、日本を始めとしイギリスやアメリカからも多くの方々が渡航治療に訪れているようです。

弊社で提携している病院も、マレーシアでハイレベルな医療を提供する医師の一人が院長を務め、常に高度な医療技術とサービスを提供すべく、日々努力されています。こちらのクリニックの特徴の一つとして、高額な費用が必要な不妊治療を地元の方々にも提供できるよう、手の届く価格での治療を進めることが出来る様、配慮されていることも挙げられます。
現地には弊社日本人女性スタッフが常駐し、病院への付き添いはもちろんのこと、ご希望により空港への送迎やホテルチェックインのお手伝い等、慣れない海外でのご滞在をしっかりサポートさせていただいております。


マレーシアでの卵子提供プログラムをご検討中の方は、ぜひ一度、弊社までお問い合わせください。
posted by TFC at 10:00| Comment(0) | 弊社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする