2018年06月27日

高プロラクチン血症とは??

こんにちは。
ワールドカップ、盛り上がっていますね!!
頑張れ!日本!!

サッカー_TFC.jfif

今日は高プロラクチン血症についてお話します。
生理が不順だったり、胸が張ったり、乳汁が出る事がありますか?

プロラクチンとは一般的に乳汁分泌ホルモンと言われています。
乳汁の分泌だけに作用するわけではなく、乳腺、卵巣、子宮、精巣、前立腺など、男女の様々な生殖器に働きかけることが分かってきました。
プロラクチン値が高いと、体が妊娠後の状態になり、排卵がストップしてしまいます。
その為、妊娠を希望する人が高プロラクチン血症になると妊娠できなくなってしまうのです。
一般的にプロラクチンの血中濃度が15ng/ml以上だと[高プロラクチン血症」と診断されます。
症状は乳汁がでたり、生理不順だったりというのが一般的ですが、痛みや目立った症状はありません。
このプロラクチンが、正常値よりも高かったり低かったりすると、女性では生殖にかかわる様々な機能にサインが出ます。
それが、排卵障害や黄体機能不全による月経不順などです。
しかし、痛みを感じるわけではないので、乳汁分泌が無ければ自分で発症に気付くことはほとんどありません。

月経不順や不妊治療のために婦人科へ足を運び、検査の結果「高プロラクチン血症」と診断されることがほとんどなのです。
不妊で月経不順が原因の場合「高プロラクチン血症」もしくは「潜在性高プロラクチン血症」であるケースが少なくありません。

赤ちゃんが欲しくて、月経不順や排卵障害があり、高プロラクチン血症がある場合、高プロラクチン血症を治療しなければ妊娠しやすい状態になりません。
また、プロラクチンは子宮にも影響するので着床しづらい、流産しやすいという習慣流産の人にも治療が必要になります。

このような症状がある人は、一度受診をしてみることをお勧めします。
プロラクチン値を正常にする治療は、主に服薬治療になります。
信頼できる医師としっかり話し合い、自分に合った治療をしていくことも大切です。

posted by TFC at 19:01| Comment(0) | 弊社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

避難所でのこと

こんにちは。
雨の夏至を迎えた本日の東京です。関西には大雨の予報が出ています。
被災された方々に心よりお見舞い申し上げますとともに、どうぞこれ以上の被害が出る事がないよう心から祈っております。

TFC_雨.png

自然災害に見舞われる度、妊婦さんや赤ちゃんを抱えたお母さん達がどうされているかと、その事ばかりが気にかかります。
被災された方皆様の身を案じながら、それでもやはりどうしても妊婦さんや赤ちゃんの事を考えてしまいます。
妊娠中のレシピアントの方のお顔が、お一人お一人、浮かんできます。

災害ボランティア養成講座を受講した際に学んだ最も重要な事の一つが

「避難所では、真っ先に、女性専用スペースを確保すべし」

という事でした。

避難所が設置されると刻一刻と人が集まり、最終的には収容できないほどの人数に膨れ上がる事もあります。
ごくわずかなスペースを皆で分け合い、仕切りもないスペースでの共同生活が始まります。

女性の着替えスペース、若い女性の安全シェルター、妊婦さんや授乳中のお母さんと赤ちゃんが安心していられる場所、息抜きの為の井戸端会議の場所等々、女性専用スペースを設ける事で維持される秩序、安全性、過ごしやすさは計り知れないとの事でした。

1人でも多くの被災者を受け入れようとするため、後からの設置できる可能性は絶望的であるといいます。


どうか妊婦さん、赤ちゃん、お母さんが守られていますように。



posted by TFC at 13:00| Comment(0) | 妊娠,出産、高齢出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

有酸素運動で不妊体質改善

こんにちは。
いよいよワールドカップが、始まりましたね。
見るのも楽しいですが、体を動かすと心も卵子も喜びますよ。

ヨガ TFC.jpg

有酸素運動は、血流を良くさせ、ホルモンバランスを整えます。
有酸素運動は不妊症を克服する有効な手段として、アメリカでもとても注目されています。

有酸素運動とは、長時間継続可能な軽度の運動のことを言います。つまり、ウォーキングやジョッギング、サイクリング、水泳、ヨガなどです。
無理なく20分程つづけられる運動が良いみたいですね。

☆中でも今日はヨガについて、調べてみました☆

ヨガの効果といわれる代謝の活発化、血行の改善、ホルモンバランスの調整などは、いずれも不妊症の改善と密接な関連があります。

代謝の活発化:代謝が活発化すると基礎体温の上昇につながります。一般的に不妊症の方は、基礎体温が低い傾向があると言われ、体温をあげることによって妊娠しやすくなる場合があるのです。

血行の改善:血行が良くなることで胎盤へ栄養や酸素が供給されやすくなり、卵子や受精卵にとってよい環境を作ることが出来ます。

ホルモンバランス調整: 現代社会では様々なストレスにより、ホルモンバランスに変化が生じ、女性の卵子の数が少なくなっているそうです。ヨガには女性ホルモンのバランスを元に戻す効果もある為、妊娠しやすい体を作ることが出来るのです。

ヨガに限らず、長時間続けられる程度の軽い有酸素運動は、気分転換にもなり、日常のストレスを軽減させる効果もあります。
ただし、過度な運動は逆効果です。
体にも心にも負担にならない程度に。を心がけて取り入れてみましょう。

posted by TFC at 13:09| Comment(0) | 妊娠力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

高齢出産はデメリットばかりではない?!

本日はサッカー日本代表の本田圭佑選手の誕生日だそうです。
昨日の日本―パラグアイ戦では、4―2と逆転勝ちしましたね!

犬_サッカー.jpg

女性の社会進出とともに晩婚化が進めば、当然高齢出産も増加します。
先日は、下記のニュースも話題になりましたね。

シルヴェスター・スタローンの元妻で、『レッドソニア』(85)などの作品で知られる女優のブリジット・ニールセンが、妊娠8か月であることを発表した。現在54歳のブリジットは、イタリア人TVプロデューサーのマッティア・デッシと2006年に結婚。39歳のマッティアとブリジットは、15歳の年の差カップルでもある。
先月30日、ブリジットは自身のインスタグラムで妊娠を公表。「家族が増える#赤ちゃんのいるお腹」のキャプションと共に、白のスリップドレス姿で大きなお腹に手を添えたセルフィーを投稿した。続いてアップされたのは、オールバックヘアのブリジットが、お腹にぴったりフィットしたホワイトTシャツを着た自撮り写真だ。サングラスをかけたブリジットはかなり男前な妊婦に見えるが、既に成人した4人の子を持つ貫禄と迫力も伝わってくる。
50代以降の妊娠は、若い頃に凍結した自分の卵子の使用、もしくは第三者からの卵子提供が主だが、ブリジット自身は妊娠の詳細について明かしていない。

自己卵でも、卵子提供でも、高齢出産は決して軽視できることではございません。
しかしデメリットや危険ばかりではないということがわかりました。
アメリカで実施された臨床調査で100才まで生きた人達の長寿の秘密を解き明かす研究がなされ、100才以上生存した女性は、40才以上という高齢出産を成しえた人が極めて多い結果が出たようですが、高齢出産が長生きに繋がるという見解も出来るかもしれません。
その理由についてははっきりとは証明されていませんが、ホルモンの影響や、40才を過ぎての子育てが精神的、肉体的にも活発でいられるという要因が多少はあるようです。

高齢出産にこれからチャレンジする女性にとって、とても明るい勇気づけられる研究結果ですよね。
弊社には多くのご夫妻がカウンセリングへ来られ、海外での不妊治療プログラムをご検討されております。
高齢での出産には様々なご不安もあることと思いますが、一度私どもにご相談頂ければ幸いです。
ご面談ご希望の方は弊社TFCまでお問い合わせくださいませ。

posted by TFC at 16:53| Comment(0) | 妊娠,出産、高齢出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

母体血胎児染色体検査(NIPT)とは?

みなさん、こんにちは。
今日は気持ちのいい晴天ですね。

高齢妊娠の増加に伴い、出生前診断を受ける妊婦さんが増加しています。
本日はNIPT(母体血胎児染色体検査)のお話をさせて頂きます。

NIPT_出生前診断.jpg

絨毛染色体検査や羊水染色体検査は流産リスクがあることが長年問題視されています。
そこで、出生前診断の中でも侵襲の少ない検査として、NIPT(母体血胎児染色体検査)が注目されています。
21番、18番、13番染色体の数の異常を調べることができます。

NIPT(母体血胎児染色体検査)は検査を受けることによる流産のリスクはありません。
また、偽陰性率はが低く、陽性的中率も80%以上という高精度な検査です。
しかし偽陽性や偽陰性が出ることもあるため、確定診断には絨毛検査や羊水検査が必要になります。

倫理的にも論議のある出生前診断の1つであるNIPT(母体血胎児染色体検査)は不特定多数の妊婦を対象に胎児の疾患の発見を目的としたマススクリーニング検査ではありません。
そのため、実施している施設もその検査を受けられる対象者も限定されており、費用もいというのが現状です。

弊社TFCでは、移植前の受精卵を調べる「卵子提供+着床前診断のプログラム」をご案内させて頂いております。
着床前診断は、受精卵(胚盤胞)の全染色体を対象に染色体の数の異常を調べることができる検査です。
ご面談ご希望の方は弊社TFCまでお問い合わせくださいませ。

posted by TFC at 11:00| Comment(0) | 新型出生前検査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする