2019年04月10日

顕微授精

不妊の原因が男性側にある場合、原因の多くを占めるのは精子の状態と言われています。

顕微授精.jpg

たとえば、精液の中に精子はいるものの数が少ない、精子の数は正常にあるものの製造された精子の運動率が悪いといったように精子の状態が悪いと受精することが難しいです。これらは症状は、それぞれ、精子欠乏症や精子無力症と呼ばれ、重症男性因子による不妊症とされていますが、これらの症状に対しては顕微授精が有効です。

精液検査の所見では全く問題が無いにも関われず通常の体外授精では全く受精が成立しないといった原因不明の不妊症がありますが、顕微授精はこういった症状にも有効です。

顕微授精は、1992年に臨床応用の成功が報告された授精方法で、顕微授精では1個の精子を極細のピペットを使用して直接、卵子の細胞質の中に注入します。顕微授精にはさまざまな手法があるのですが、現在は基本的に卵細胞質内精子注入法と呼ばれる手法が採られています。卵細胞質内精子注入法は英語で“intra-cytoplasmic sperm injection (ICSI)”といいます。したがって、顕微授精のことをICSIと略して表現したりされています。
  • ICSIでは何が行われているかというと、概要としては以下になります。
  • 採卵と培養:採卵した卵子を顕微授精を行うまで3〜6時間培養
  • 運動性が良好な精子の回収:顕微授精では少数であっても運動精子が存在すればよい
  • 卵子裸化処理:顕微授精が行えるように卵丘細胞を取り除く。卵丘細胞はとは、卵子を直接覆う細胞層
  • 精子顕微注入:精子浮遊液のなかの運動精子をピペットに吸引して移動
  • 精子不動化処理:注入用のピペットで精子中片部かた尾部にかけて損傷させる。損傷が不十分であると卵活性化が起きなかったり遅延としたりするので最も重要な手順。
  • 顕微注入:卵子の第一極体を12時または6時になるようにしてピペットを3時から9時方向へ穿刺して精子を卵子の細胞質の中に注入
顕微授精は自己卵であっても卵子提供であっても用いられます。とくに卵子提供では、基本的にほとんどのケースで活用さています。もちろん弊社のプログラムでも顕微授精(採用するかご選択いただきます)を用いています。

上記のような精子に問題があっても、高い確率で授精は成功しています。そのうえで、たとえば着床前診断などの最新の技術を用いて染色体異常の有無を調べますので、妊娠率は高くなります。不妊でお悩みの方々におかれましては、ぜひ顕微授精や着床前診断など最新の技術をご検討頂ければと考えております。

弊社の卵子提供プログラムや精子提供プログラムをご検討の方はぜひ下のリンクよりお問い合わせください。


posted by TFC at 12:00| Comment(0) | 精子、卵子提供、不妊治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月03日

クラミジア感染症

弊社TFCでは卵子提供プログラムや精子提供プログラムをみなさまにご案内していますが、プログラムにおいては、卵子や精子を提供するドナーの方々の存在が欠かせません。

クラミジア感染症.jpg

プログラムにおいては、プログラムをご希望のご夫妻は、ドナーの方をご選択して頂くこととなります。そして、ドナーの選択が完了すると、ドナー候補の方には血液検査、ホルモン値の検査、そして感染症の検査を受けていただくことになります。感染症の検査の中にはクラミジア検査も含まれており、今回はそのクラミジアについて改めてご案内します。

クラミジアは最も多い性感染症で10代後半の女性の10人に3人がクラミジアに感染しているといわれています。アメリカでは毎年400万例の発症があるそうです。

クラミジア感染症にはいくつかの種類があり、クラミジア・トラコマティスと呼ばれるタイプが最も多く、多くは性行為によって性器粘膜で感染します。

女性の感染者の5人に4人までが自覚症状がないそうで、放置すると卵管炎へ進行し卵管性不妊原因となります。子宮頸管炎、卵管炎、卵管周囲癒着、そして卵管通通過性障害や卵管閉塞などを起こします。男性側にも不妊の原因となり、尿道炎から精巣上体炎、陰嚢の腫れなどが生じてしまいます。不妊治療をされている方にはまめにクラミジア検査を受けることをおすすめします。

クラミジアの治療方法は男女ともに抗生剤を内服して治療することになりますが、上記しました通りクラミジアの感染経路の多くは性交渉です。性行為の最初からコンドームを使えば感染はほぼ防げます。

弊社プログラムのドナーの方も必ずこのクラミジア検査を受けていただき、感染していないことを確認しています。クラミジア検査を始め、各種検査をパスして初めてドナーとなりますので、クライアント様もご安心頂けるかと存じます。

弊社プログラムをご検討の方は是非下記よりお問い合わせください。


posted by TFC at 12:00| Comment(0) | 不妊治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月27日

精子ができるまで

不妊治療においてはある程度良好な精子が得られなければ妊娠することは難しいです。精子は複雑な段階を経て作られ、精管を通り射精後、卵子と受精して着床して妊娠となります。

精子ができるまで.jpg

精子がどのように作られているかというと、まず精子が作られる場所は精巣の中にある精細管とよばれている管の中で作られています。この精細管を伸ばすと、なんと540メートルになるそうです。この細い管がボール状にまかれた毛玉のような状態になっています。

卵子や精子のもととなる細胞は始原生殖細胞です。精子の場合には、この始原生殖細胞が分裂を重ねて精粗細胞と呼ばれる細胞になります。この精粗細胞が何回か分裂した後に一次精母細胞とよばれるものになります。第一次精母細胞が第一回目の減数分裂を起こし二次精母細胞とよばれるものになりもう一度減数分裂を行って精子細胞となります。

この後、精子特有な尾部が形成され細胞質が失われて精子に近い状態になります。そして、セリトル細胞と呼ばれる細胞に付着し栄養を受けます。そして、セリトル細胞から離れて精細管腔へ胞失されて初めて精子となります。

少し細かくなりましたが、これが精子ができる過程です。精粗細胞から精子ができるまでの時間はなんと74日だそうです。そのうち50日間を細かいボール状になった精管の中で過ごすそうです。

WHOの基準では精液1ml中に2,000万個以上の精子がある状態が正常とされています。1つ1つ長い時間をかけて作られた精子が1回の射精で膨大な量が体外に放出されることになります。精子が作られる過程を改めて見てみると、人の体ではとても巧緻なことがおきているなと改めて思います。

弊社TFCでは精子提供プログラムや卵子提供プログラムを不妊でお困りの方にご案内しております。ご検討されている方は是非お問い合わせください。


posted by TFC at 12:00| Comment(0) | 精子提供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月20日

弊社TFCのドナーにつきまして

弊社TFCではマレーシアにて卵子提供プログラムを行っています。

2029.03.20 TFC Donor.jpg
ご夫妻にはマレーシアの病院に渡航して治療を行って頂きます。ドナーの方も同様に採卵のためにマレーシアに渡航して排卵誘発して採卵を行います。

弊社TFCのドナーの多くは日本人のドナーになります。弊社TFCでご紹介しているドナーの方は喫煙をされていない健康な女性の方に限定しています。またご年齢も20歳〜30歳までとしています。

多くのドナーの方は日本に在住されておられる方となりますが、ご留学などで海外に在住されておられる方もおられます。海外在住の方は、滞在先からマレーシアにご渡航して頂くこととなります。

弊社TFCのドナーはマレーシア人のドナーの方もおられます。マレーシア人ドナーの数は日本人ドナー数と比べると少ないですが、マレーシアは多民族国家で、マレー系、インド系そして中華系マレーシア人がおられます。弊社TFCのマレーシア人ドナーの方はほとんど中華系マレーシア人です。

マレーシア人ドナーの方は日本人ドナーのように渡航して頂く必要がありません。このため、その分プログラム費用も抑えることができます。また、日程の調整などが少なく、プログラムを早く進めることができるといった長所があります。

現在、弊社TFCでは180名程度のドナーの方がおられ、ご夫妻には豊富なドナー登録者の中からご希望に沿った方をご選択して頂くことができます。ご検討の方はぜひお問合せ下さい。


posted by TFC at 12:00| Comment(0) | 卵子ドナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月13日

人工授精、体外授精、そして顕微授精

不妊治療においては様々な技術を用いて妊娠を目指します。

子宮の病気.jpg

治療はご夫妻のご状況によって様々な段階がありますが、標準的な治療ではまず人工授精から始めます。人工授精では、排卵日にあわせ採精して精液を直接子宮内へ注入します。

みなさんご存知の通り、人工授精を行う際は、通常配偶者同士の精子と卵子を授精させます。これは配偶者間人工授精(AIH)と呼ばれています。提供精子を使い授精させる場合がありますが、こちらは非配偶者間人工授精(AID)と呼んでいます。

人工授精を数回行っても妊娠しない場合、通常、次のステップとして体外受精を行います。体外授精は、卵子と精子をそれぞれ採卵・採精して体外にて受精させることになります。受精方法としては、シャーレ上で卵子と精子を出会わせることになります。

この次のステップとして顕微授精を行います。顕微授精では細かいガラス管を用いて精子を卵子に注入して受精させます。精子側に不妊要因がある場合は顕微授精での成績はいいと言われています。

弊社TFCの卵子提供プログラムや精子提供プログラムにおいても、顕微授精のご選択が可能です。弊社TFCのプログラムはマレーシアにて行っています。ご不明点がございましたら、ぜひ以下よりお問い合わせください。


posted by TFC at 12:00| Comment(0) | 体外受精 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする