2019年04月26日

射精とDNA損傷

こんにちは。今日の東京は雨で少し肌寒さを感じます。

射精とDNA損傷.jpg

精子の状態が悪いと顕微授精を行ったとしても正常受精しない、受精しても培養が進まないといった事が起きます。先日、精子に関して以下の記事がありましたので、ご紹介します。

“不妊男性の精巣から直接採取した精子のDNAの質は、不妊ではない男性のものとほぼ同程度に良好であることが、英インペリアル・カレッジ・ロンドンのJonathan Ramsay氏らの研究で明らかになった。

この成果は、男性不妊の新しい治療法の開発につながる可能性があるという。研究結果の詳細は、欧州泌尿器学会(EAU 2019、3月15〜19日、スペイン・バルセロナ)で発表された。

Ramsay氏らは今回、卵細胞質内精子注入法(ICSI)による不妊治療に失敗した経験がある不妊男性63人を対象に、精巣から直接採取した精液中の精子サンプルと、同じ男性が射精した精子サンプルを比較した。

また、参照として、不妊ではない男性ボランティア76人から得た射精した精子サンプルについても分析した。

その結果、射精した精子に着目すると、精子のDNA損傷の程度は、不妊ではない男性よりも不妊男性ではるかに高いことが分かった。
精子のDNAに損傷が認められた男性の割合は、不妊ではない男性の15%に対し、不妊男性では40%に上っていた。

しかし、不妊男性の精巣から直接採取した精子の質は、不妊ではない男性のものとほぼ同程度であった。

Ramsay氏らは、不妊男性が射精した精子に大きなDNA損傷がみられたのに驚きはなかったとする一方、「不妊男性の精巣から直接採取した精子と不妊ではない男性の精子は、同程度に質が良いという結果は予想していなかった」と述べている。

また、不妊男性の精巣から直接採取した精子では、より修復が難しいDNA二本鎖切断の頻度が低いことも明らかになった。

Ramsay氏らによれば、この結果は、精子のDNAは精巣から射精に至るまでの過程で損傷を受ける可能性を示しており、「精巣から直接採取した精液中の精子を不妊治療に使用すれば、不妊男性のカップルでも妊娠率が高まる可能性を示唆している」と説明している。“
https://dime.jp/genre/690996/

これは学会発表された研究結果で医学誌などに掲載されるには精読が必要とのことだそうです。射精とDNA損傷との因果関係がはっきりすれば、精子側の問題を大きく減らして顕微授精など行えることにつながるので、正常受精率は格段に上がるでしょう。せっかく採卵できて受精までできたけど、培養が進まなかったといった事も少なくなるはず。早く因果関係がはっきりしてほしいと思いますね。

弊社TFCでの卵子提供プログラムでは顕微鏡下精巣精子採取術(TESE)を行ったうえで顕微授精を行うことが可能です。
ご検討の方はぜひお問い合わせください。


posted by TFC at 12:00| Comment(0) | 弊社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月24日

精子に良い食べ物

こんにちは。今日の東京は曇りです。天気予報によれば曇りのこれより数日間は日が続くとのこと。天気が良い日が数日間続いてきていましたので、晴れ間が見えないだけで少し肌寒さを感じます。

精子に良い食べ物.jpg

先日、精子の良い食べ物に関する研究速報として以下の記事がありました。

”ハーバード公衆衛生大学院の研究者らは、スペイン在住の18〜23歳の男性(平均年齢20.5歳)206人に、過去1年間の食生活に関する回答と、血液と精液のサンプルの提供を依頼。赤身肉、白身肉(鶏肉など)、加工肉、魚介類を含む肉類の摂取と、精液の質、性ホルモン値との関係を調べた。

被験者の平均体格指数(BMI)は23.7で、9割以上が白人種、7割が非喫煙者、平均運動時間は週9時間だった。

食事内容と精液の質、性ホルモン値との関係を調べた結果、赤身肉、白身肉、魚の肉に限らず、肉類との関係は認められなかった。

その一方で、貝類の摂取と精子の前進運動率との間には、正の相関関係が認められた。つまり、貝類を食べるほど、精子の「真っすぐに進む力」が増すらしい。

さらに総運動率――射精2時間以内の精液において前進運動をしている精子の比率(40%未満で精子無力症と診断される)も、貝類の摂取量と比例して上昇することが示された。ちなみに、肉類の代わりに貝類を食べてみると、精子の運動率と前進運動率が改善されたという。

対照的に、レバーやホルモンなど内臓肉を好んで食べる男性は、非摂取者と比較して、精子の運動性が下がり、女性ホルモンの一つである黄体ホルモン値が非摂取者より高いことが示された。

食事と精子の質との関係はまだ検証途上だ。研究者もさらに大規模な追試が必要だとしている。”

肉と貝を比べると、イメージとしては肉の方がパワフルな印象があって力強さを感じますが、意外ですね。ビールのおつまみとしてホルモン焼きなどがお好きな男性も多くおられると思いますが、精子の運動率が下がるかもしれませんので、少し注意された方がよいのかもしれませんね。

弊社TFCでは、不妊でお悩みのご夫妻に精子提供プログラムや卵子提供プログラムをご案内しております。

ご検討の方は是非お問い合わせください。


posted by TFC at 12:00| Comment(0) | 精子提供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月19日

男性側にある不妊原因

みなさんこんにちは。東京は今日も晴れです。昨日も天気は良く気温は高かったのですが、今日の方が少し気温は高い気がします。
男性側にある不妊原因.jpg
不妊の原因には、女性側に原因があるケースや男性側に原因があるケースなど、様々な原因があります。不妊治療においては、たとえば女性の年齢が高くなることによる卵子の質が低下するなどと、ともすれば女性側の原因がクローズアップされがちです。女性同様に男性側にも不妊の原因はたくさんあり、問題の原因が特定できるのならば、その原因を解消する手段を取らなければ望む結果は得られません。

男性不妊の主な原因は精子形成障害と言われています。精子形成障害とは、精子が作られる機能に障害があることをいいます。男性側の不妊原因の9割を占めているといわれています。その精子形成障害のなかで最も多いのが以下の症状です。それぞれ簡単に説明いたします。

(1) クラインフェルター症候群
性染色体の異常が原因で精巣の発育不全などを起こす症状です。男性だけに見られる疾患です。1942年にクラインフェルター医師が発見し医師名が付けられました。クラインフェルター症候群の男性は以下の特徴がある。身長が高い、手足が長い。このほか、言語障害をともなったりする。成人になると無精子症となったりします。

(2) 停留睾丸
睾丸が陰嚢(いんのう)内部まで下降していない状態のことです。何かの原因で2個とも、または1個が降りてこないものを指します。精子作成能力が低下し不妊の原因になる恐れがあります。

(3) 精索静脈瘤
陰嚢の静脈が拡張した状態をいいます。静脈の圧力が高くなったり、精巣静脈の逆流を防ぐ弁が不十分だったりすると、静脈血が精巣に向かって逆流してしまい精巣機能を低下させ不妊の原因になる恐れがあります。

(4) ムンプス精巣炎
流行性耳下腺炎とも呼ばれ、いわゆるおたふくかぜの事です。睾丸炎などを認める場合があり、不妊の原因になる場合があります。

(5) 精巣捻転症
精巣(睾丸)が回転し精巣に行く血管・精管が突然捻れる症状の事です。強い痛みと精巣の腫れを伴い早急に捻れを戻さないと,精巣が壊死して萎縮してしまします。

(6) 高プロラクチン血症
女性側の高プロラクチン血症は、無月経、月経不順や黄体機能不全を起こしますが、男性側では性欲低下やインポテンスを起こし不妊の原因につながります。

弊社TFCではクライアント様が安心して海外で不妊治療を行って頂けるようにサポートしている会社です。上記に男性側の不妊原因を簡単にまとめましたが、プログラムお申込み前に精液検査など受診されることをお勧め致します。

プログラムをご検討の方はぜひ以下よりお問い合わせください。

posted by TFC at 12:00| Comment(0) | 精子提供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月17日

AIが支援するTESE

皆さんこんにちは。
今日の東京は曇りで少し肌寒いです。

AIが支援するTESE.jpg

弊社の卵子提供プログラムでは、ドナーの方から卵子の提供を受けご主人の精子と体外授精することになりますが、プログラムを進めて頂くにあたって、早い段階での精液検査の受診をお勧めしています。元気がある若い卵子の提供を受けても精子側に問題があると、正常授精することさえままならなくなるからです。

精子の問題は様々ありますが、その中の1つに、精液の中に精子が見当たらないといった症状、無精子症があります。無精子といっても精液の中に精子が見当たらない状態のことを指しています。精巣では精子が作られていますので、無精子症の治療として、精巣から精子を直接採取することを行います。これを精巣内精子採取術(TESE)と呼んでいます。

昨日の報道で、このTESEについて以下の報道がありました。

“横浜国立大学工学研究院の濱上知樹教授らの研究グループは、男性不妊治療において胚培養士が行う TESE(Testicular Sperm Extraction: 精巣内精子採取術)を、人工知能(AI)を使って支援するシステムを開発した。
 男性不妊の中でも無精子症の症例数は2〜16%を占めると言われている。その治療方法としては、精巣から精子を採取する技術であるTESEが知られているが、この方法は限られた時間で有望な精子を見つけて回収するため、高い細胞識別能力が要求される。そのため胚培養士の負担は極めて高く、成功率を上げるための精子の探索・評価の支援技術が求められていた。
 今回、同グループは、精子採取動画から約17万個の細胞サンプルを抽出し、それぞれについて精子・非精子の学習を行った。その結果、専門家でないと判別が難しい精子と他の細胞をAIが高い精度で瞬時に判別することが可能になった。さらに、胚培養士の判断基準をもとに学習したAIが、精子のグレードを5段階で評価できるようになった。
 このシステムの実用化により、男性不妊治療における受精率の向上、患者の費用負担の軽減、胚培養士の負担軽減や、熟練した胚培養士の技術伝承に活用できる。生殖補助医療分野、とくに精子の選別・探索、男性不妊症検査の高度化に大きく貢献することが期待される。” 

AIの活用により不妊治療のクオリティーが高まることが期待されます。ぜひ早い段階でこの新技術が広く浸透することを期待します。

弊社TFCの卵子提供プログラムではTESEを行い卵子提供を進めることが可能です。詳しくは以下よりお問い合わせください。


posted by TFC at 13:00| Comment(0) | 卵子提供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月12日

サプリやプロテインと精子

こんにちは。今週の東京は天候が悪く春とは思えない寒い日が続いています。

サプリやプロテインと精子.jpg

寒い日が続いているとはいえ、これから夏にかけてだんだんと温かくなります。体を動かして汗をかいて体内にある老廃物などの毒素をデトックスするにはベストなシーズンですね。

ダイエットや健康のためにウエイトトレーニングをされている方は多くいらっしゃるかと思います。なかには効率よく筋肥大を行うためにプロテインを摂取されている方も多いはず。プロテインをたくさん取ればとるほど筋肉もぐんぐん大きくなるとも思えてしまうのですが、意外なネガティブな側面があるようです。

先日、筋肉増強のためにテストステロンやステロイドが含まれたプロテインやサプリを摂取しすぎると精子の数などが減少するという研究結果が報道されていました。https://dime.jp/genre/692803/

研究では、テストステロンやステロイドを以前から継続して摂取している人、摂取していたがやめた人、摂取したことがない人を分析したとのこと。

分析の結果、継続している人は、やめた人と摂取したことがない人と比べて精巣のサイズが小さかったそうです。また精子数も少なかったとのこと。

テストステロンやステロイドを服用すると分解を抑えるので体が巨大化しますが、一方で上記の様な反応もあるようです。また、脱毛したりすることもあると言われています。

不妊治療をまず第1に考えられるのであれば、テストステロンやステロイドが含まれたプロテインやサプリは控えた方がよさそうですね。


posted by TFC at 12:00| Comment(0) | 精子、卵子提供、不妊治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする