2019年11月20日

マレーシア 現金取引額の変更

みなさんこんにちは。弊社TFCの卵子提供プログラムは主にマレーシアで行っています。

malaysian-flag-waving.jpg

弊社クライアント様に限らずマレーシアへご渡航を予定している方も沢山おられると思いますが、マレーシアで少し気を付けておいた方がいいことを本日はご紹介いたします。

"マレーシアの中央銀行であるマレーシア国立銀行(BNM)のアブドゥル・ラシード氏副総裁は、2020年中に現金取引において2万5000リンギット(約66万円)の上限を設ける計画を明らかにした。英字新聞ザ・スターが7日報じた。

高額の取引を制限することでマネーロンダリングやテロ資金供与などの違法取引にお金を流れるのを防ぐ狙いがある。
ラシード副総裁によると、2万5000リンギットの制限は、商品やサービスの支払いを含む現金に関わる全ての取引に適応されるという。

今回の政策に関する一般家庭の影響については、ラシード副総裁は、多くの世帯の支出は約8000リンギット(約21万円)であり、今回の取引制限よりも「はるかに少ない」としている。
ラシード氏は匿名性のある現金取引の制限の必要性を強調。現地メディアへの取材で以下のように述べた。"
https://jp.cointelegraph.com/news/malaysia-to-impose-cash-transaction-limit-of-6k-in-2020-report

現金で66万以上の支払いができなくなるそうです。少し気を付けないといけませんね。
ただ、日本でも66万の現金払いは、なかなか見かけませんので、普通にマレーシアを観光する場合はあまり影響はないのでしょうね。

弊社TFCでは精子提供プログラムや卵子提供プログラムをご案内しております。
ご検討の方はぜひお問い合わせください。


posted by TFC at 13:56| Comment(0) | マレーシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月18日

2020年マレーシアの旧正月

みなさんこんにちは。10月も半分が終わりましたね。

Lunar New Year.jpg

だんだん肌寒くなってきて、クリスマス、お正月など意識される方も多くなってきているのではないでしょうか。

日本では1月1日をお正月と考えています。これは太陽の動きを基に作られた太陽暦(グレゴリオ暦)によって1月1日を1年の始まりとしてお正月として、お祝いしています。

アジアの国、たとえば中国やベトナムなどでは、太陽の満ち欠けを基にした太陰太陽暦によって1年の始まりを認識しています。

日本でも明治6年以前まで太陰太陽暦によって1年の始まりを認識していましたので、旧暦による正月、つまり旧正月と表現しているわけです。
この旧正月はマレーシにもあります。このマレーシの旧正月について以下ご案内したいと思います。

"グエン・スアン・フック首相は、2020年のテト(旧正月)(旧暦1月1日=新暦2020年1月25日)に伴う休暇について、2020年1月23日(木)から1月29日(水)までの7連休とする案を承認した。

労働法ではテト休暇を5連休と定めているが、2020年は規定の休暇が土日にあたるため、振替休日を合わせて7連休とする。これにより、2020年のテト休暇は2019年よりも2日短くなる。

同案のほかに1月24日(金)から1月30日(木)までの7連休とする案もあったが、労働傷病兵社会省はテト用品の購入や帰省などのためテト前に時間に余裕を持たせる必要があるとして、1日早く休みに入る1月23日からの案を優先するよう政府に提案していた。(以下省略)"
https://www.viet-jo.com/news/life/191009172031.html

マレーシアでは、2020年1月23日(木)から1月29日(水)までの7連休となるようです。
観光、商業、医療目的で該当期間にマレーシアに渡航を予定されている方は少し注意が必要ですね。

弊社TFCではマレーシアでも精子提供、卵子提供プログラムを行っています。
ご検討の方はぜひお問い合わせください。


posted by TFC at 12:00| Comment(0) | マレーシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月20日

インドネシアの森林火災の影響

みなさんこんにちは。弊社のプログラムはマレーシアのクアラルンプールで行っています。クアラルンプールには有名なペトロナスツインタワーやチャイナタウン、ショッピングなど観光が楽しめます。

Forest fire.jpg

また、屋台などもあってグルメも楽しめますが、インドネシアの森林火災の影響で曇っているのか森林火災の煙なのかよくわからない状態になっているそうです。

”熱帯雨林を焼き払い、東南アジアの広範囲に有害なスモッグをもたらす森林火災が続くインドネシアでは、大勢の消防隊員らが24時間態勢で消火活動に当たっている。しかし、装備が不足しており、薄っぺらいマスクとゴム長靴しか身に着けていない隊員もいる。

被害の大きいスマトラ(Sumatra)島カンパール(Kampar)地区に派遣された兵士のダルマディ(Darmadi)さんは、「本来ならばきちんとした防護服を身に着けなければならないが、限られた装備しか手に入らない」「それでも、やらなければならない仕事があるときは、覚悟を決めなければならない」と語った。

しかしインドネシアの火災も、より大きい問題のほんの一部でしかない。南米アマゾン(Amazon)も大規模な火災に見舞われており、温暖化から地球を守る上で重要な役割がある熱帯雨林が火災で焼けることによる長期的な影響への懸念が高まっている。

インドネシアでは例年、林野火災が問題となるが、今年は特に乾燥しているため事態が悪化。有害なスモッグは隣国のマレーシアとシンガポールにも広がり、外交問題を引き起こしている。(c)AFP/Dessy SAGITA”

火災が長引いているようです。これから東南アジアに渡航を予定されている方はマスクを持参された方がよさそうですね。
観光を楽しみに渡航される方も多いはず。一刻も早く鎮火していただきたいものです。

弊社TFCでは精子提供プログラムや卵子提供プログラムをご案内しております。
ご検討の方はぜひお問い合わせください。


posted by TFC at 12:00| Comment(0) | マレーシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする