2019年10月04日

性欲と運動

みなさんこんにちは。みなさんご存じのタイミング療法は、日々体温を計測して排卵の時期を予測して、その時に性行為を持って妊娠を目指す治療法です。

hard sports.jpg

タイミングを計るとはいえ、性欲が全くなくなってしまい性行為ができなければ妊娠は目指せません。
本日は性欲について以下をご紹介します。

"「筋トレにハマって3年ですが、セックスより筋トレ。これ以上に楽しいことはありません。カノジョに性欲を感じないんですよねえ」とAさん。筋トレにハマる前は軽いジョギング程度しかしなかったが、その時は運動を何もしなかった頃より性欲が強かった。勃起力は全く衰え知らずで、朝もビンビンだったので、「年齢のせい」だけではなさそうだ。

「男性の性欲には、男性ホルモン(テストステロン)が関係しています。テストステロンは中年以降、少しずつ分泌が低下し始めます。すると勃起力や性欲の低下を感じる人が多くなる。LOH症候群(男性の更年期障害で、男性ホルモン低下が原因)に詳しい医師は、その対策として、まずは適度な運動を勧める人が多い。テストステロンを増やしますから」

ここでポイントになるのが“適度”。スロースクワットや、ゆっくりと走る30分ほどのジョギングなどがそうだ。

一方、激しい運動をした直後には、血液中のテストステロン量が減るという報告もある。米ハーバード大が2750人の前立腺がん患者を追跡調査したところ、117人にがんの再発・転移・死亡が見られたが、このリスクを1とした場合、週3時間以上の早歩きをした人のリスクは0・4。これは、早歩きで男性ホルモンが減少した結果とみることもできる。

また、ノースカロライナ大の研究チームが1100人の成人男性を調べたところ、軽度または中度の運動をする人は性欲が「高い」か「普通」と答えたのに対し、長時間激しい運動をする人は性欲が「低い」と答える傾向があった。一般的に若者の方が性欲が高いため年齢で調整したが、結果は同じ。

はっきりと「激しい運動は性欲を低下させる」と結論づけるのは尚早とはいえ、何事も過ぎたるは……か。"
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/lifex/262537

個人差があるのでしょうが、私の場合は激しい運動をすると食欲が減退します。
ぐったりしてしまい、横になりたいとなりますので、なんとなくわかるような気がします。
運動の秋ですが、適度に運動してみてください。

弊社TFCでは精子提供プログラムや卵子提供プログラムをご案内しております。
ご検討の方はぜひお問い合わせください。


posted by TFC at 12:00| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月19日

タバコと精子

みなさんこんにちは。昨日、新潟で大きな地震が起きました。土砂崩れ、液状化現象など生じたと報道がありましたが、被災した地域にお住いの方は地震の影響などございませんでしょうか。

cigarrets.jpg

さて本日はタバコと精子について少しまとめてみたいと思います。

男性がタバコを吸うと、精子の状態を悪化させるといわています。

精子数や運動率が低下して正常形態の精子数も減少するそうです。

数値としては様々な研究がありますが、以下のように減少するともいわれています。

男性がタバコを吸うと、
・精子の濃度が15%〜25%程減少する
・精子の運動率が10%〜17%程低下する
・奇形精子率が13%程上昇する

このほかにも、タバコを吸うと精液の中にある活性酸素が増加するそうです。活性酸素が増加すると精子の遺伝情報が損傷を受けるといったことになるようです。また、勃起障害も増えるともいわれています。

タバコを吸う人本人には上記のような悪影響がありますが、タバコの副流煙で、近くにいる人にも悪い影響が生じるというといわれています。

ストレスが多い社会で生活していると、ストレス発散として一服とされる方もおられるはずですが、タバコには様々な悪い影響がありますので、この際、ストレス発散として何か別の方法を少し考えてみてはいかがでしょうか。

弊社TFCでは精子提供プログラムや卵子提供プログラムをご案内しております。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。


posted by TFC at 12:00| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

長生きには「色気」が大事?!

こんにちは。
今日は梅雨の中休みで、久しぶりの青空ですね。
そろそろ梅雨が明けるのでは、と心持ちにしています。

面白いニュースを発見したのでご紹介します。
性的活動が盛んな人のほうが、長生きするんだそうです。


rabbits.jpg


“腹上死”も怖くない 性的活動が盛んだと寿命が延びる…いくつになっても“色気”を持つべし

記事によれば、45〜59歳の918名の男性を対象に性的興奮の頻度と、全死亡率の関係を調べたところ、10年後、性的興奮の頻度が週2回以上の男性は、性的興奮の少ない男性よりも死亡率が低いという結果が出たそうです。それだけでなく、心筋梗塞などの心臓病にもなりにくい、という結果です。

この調査自体は、1997年の論文で少し古い調査ですが、人間の根源的な性質は変わらないものだろうと思います。
真面目な話、例えば、恋をするとひとはなんだかわくわくしたり、楽しいことが増えて、女性は綺麗になりますし、男性もかっこよく見せようと頑張りますよね。
そういう「わくわく」も含めて、性的な興奮は、人間の細胞を活性化させるのかもしれませんね!

卵子提供・精子提供・着床前診断のTFC
Copyrightc2008-2016 TFC Thai Fertility Center
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ




続きを読む
posted by TFC at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする