2017年09月22日

NIPT(母体血胎児染色体検査)とは?

本日は雨が降るようですね。
みなさん、傘を忘れずに!

近年は高齢妊娠の増加に伴い、出生前診断を受ける妊婦さんが増加しています。
本日はNIPT(母体血胎児染色体検査)のお話をさせて頂きます。

秋.jpg

絨毛染色体検査や羊水染色体検査は流産リスクがあることが長年問題視されています。
そこで、出生前診断の中でも侵襲の少ない検査として、NIPT(母体血胎児染色体検査)が注目されています。

21番、18番、13番染色体の数の異常を調べることができます。
そしてNIPT(母体血胎児染色体検査)は検査を受けることによる流産のリスクはありません。
さらにNIPT(母体血胎児染色体検査)は、偽陰性率はが低く、陽性的中率も80%以上という高精度な検査です。
しかし偽陽性や偽陰性が出ることもあるため、確定診断には絨毛染色体検査や羊水染色体検査が必要になります。

倫理的にも論議のある出生前診断の1つであるNIPT(母体血胎児染色体検査)は不特定多数の妊婦を対象に胎児の疾患の発見を目的としたマススクリーニング検査ではありません。
そのため、実施している施設もその検査を受けられる対象者も限定されています。
また費用もいというのが現状です。

弊社TFCでは、着床前診断のプログラムをご案内させて頂いております。
着床前診断は、受精卵(胚盤胞)の全染色体を対象に染色体の数の異常を調べることができる検査です。
ご面談ご希望の方は弊社までお問い合わせくださいませ。



posted by TFC at 10:00| Comment(0) | 高齢出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

閉経前の生理の状況と更年期障害

閉経前の生理の状態ってどうなるんでしょうかね?
閉経も個人差がありますが、大体50歳(45〜56歳)が平均のようです。

ホルモン値がく、エストロゲン(卵胞ホルモン)を放出している身体ですと女性でも初潮が早くても閉経は遅い場合があります。
いつまでも若々しく、バランスの良い食生活と運動、趣味を持っている女性は魅力的ですよね。

生理周期は一般的に28日位と言われていますが、1か月に2回生理が来ても期間が短かったり周期が長くて頻度が少なくなるなど不安定になるようです。不安定が幸いし、不正出血で婦人科系の疾患と勘違いする方もいらっしゃるかもしれないですね。
最近は基礎体温や、AMHと言ってホルモン数値を計ることで閉経を予測出来ます。

それに伴い更年期障害という辛い(これも個人差あり)疾患に悩まされる方もいらっしゃるようです。

・ ホットフラッシュ
・ 倦怠感
・ 冷えやのぼせ
・ 肩こり 腰痛
・ 頭痛 吐き気
・ やる気がない、物忘れが激しい
・ 抜け毛等

キャプチャ.PNG

近年は働いている女性や家庭と両立でがんばっているママもいらっしゃるので、更年期とどうやって仲良くつきあっていくか課題になりますが、ご自身の体調を考えつつ上手く乗り気れればいいですね。

じゃぁ、閉経後って女性ホルモンが無くなってどうなっちゃうのか??

体の変化として上げられるのが
・ 尿道の疾患、尿漏れ 膣の緩み
・ 骨そしょう症 カルシウム不足
・ お肌のトラブル しわや乾燥、たるみ等

子宮系の疾患(子宮筋腫・子宮内膜症・子宮頚癌・乳がん)は閉経後にも発症するため 検査は必要です。
地方自治体等の健診を利用して1年に1回は健診するようにしましょう。

閉経後は更年期以上にもっと健康に気を付けて若々しい老後を迎えたいですね。

卵子提供・精子提供・着床前診断のTFC
Copyright 2017 TFC Thai Fertility Center

人気ブログランキングへdairibirth88_31_nf.gif

posted by TFC at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 高齢出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

澤穂希さんが出産☆

みなさまこんにちは。
今日も冷たい風・・・ホッカイロが手放せません。

さて、今日は先日第1子をご出産された澤穂希さんのニュースをお伝えします。
サッカー女子の日本代表「なでしこジャパン」のエースとして長く活躍され、2015年で現役を引退した澤穂希さん(38)が第1子となる長女を出産されました。

澤穂希さんは2011年の女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会では、得点王として最優秀選手にも選ばれ、日本を初優勝へと導いた選手です。
ロンドン五輪(2012年)でも日本代表としてプレーされ、銀メダルを獲得したことも記憶に新しいですよね。

サッカー_出産.jpg


元サッカー女子日本代表の澤穂希さんが9日に第1子となる女児を出産したことが10日、わかった。所属事務所が発表した。母子共に健康で、添えられた直筆のメッセージには「産声を聞いた瞬間、言葉にならないほどの感動と感謝の気持ちで胸がいっぱいになりました」などとつづった。
妊娠が発覚した際には、澤さんは直筆でFAXをマスコミ各社へ送信。「この度、主人と私の念願であった新しい命を授かることができました。
来年の1月にはわが家にもう1人家族が加わることになることを、私たち夫婦はとても幸せに思います」と喜びをつづっていた。

また夫の辻上氏も「2人とも待ち望んでいた子宝だったので、うれしかった」と率直な思いを口にしており、澤さんから妊娠の報告を受けた際には、夫婦で涙ぐんで喜び合ったことも明かしていた。

母子ともに健康とのこと、ご出産、おめでとうございます!

卵子提供・精子提供・着床前診断のTFC
Copyright 2017 TFC Thai Fertility Center

人気ブログランキングへdairibirth88_31_nf.gif



posted by TFC at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 高齢出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする