2014年03月25日

亜鉛が精子の運動率を向上させる?

こんにちは!!
さて、今日は精子の運動率や質を向上させる栄養素(亜鉛)についてお話をしたいと思います。

flower.jpg

亜鉛は、男性に積極的にとってもらいたい栄養素で、精子形成や前立腺の働き、精子の運動と活性化にかかわっています。
この栄養素が少ないと、元気な精子が作られなくなり、また精液中の亜鉛濃度が低下すると精子の運動率も下がると言われています。

飲酒量が多いとその分、亜鉛は欠乏してしまうので気を付けることが必要です。
成人では1日に10〜20mgの摂取が目安とされており、牡蠣であれば2〜3粒程度で補給できます。

では亜鉛を多く含む食品とは何でしょうか?

<魚介類>
牡蠣、ホヤ、カニ、シャコ、タラコ、ハマグリなど

<肉類>
豚レバー、牛肉(肩、ミノ、もも)など

<その他>
卵黄、チーズ、コンビーフ、ビーフジャーキーなど
ココア、松の実、胡麻など

妊娠・出産は、女性だけではなく、男性の栄養状態の改善も必要です。
精子の質や運動率を向上させるために意識してとるように心がけたいですね。


卵子提供・精子提供・着床前診断のTFC
Copyrightⓒ2014 TFC Thai Fertility Center
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ




ラベル:精子形成
posted by TFC at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 精子提供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月08日

TFCの精子提供プログラムとは?

おはようございます!
台風の影響なのか、なんだか東京は蒸し暑くなっています。
10月に入り、有楽町のデパートではもうコートが並んでいますが、実際にコートを着るのはまだまだ先のようですね。

spermdonor.jpg

さて、一般に不妊の原因は、女性に原因がある場合が4割、男性に原因がある場合が4割、原因不明が1割、と言われています。
男性側が原因となっている場合、約9割は、精子の問題と考えられています。
精子の数が少ない、精子を通る道が塞がっているなど、理由は様々ですが、外科的な処置や、体外受精の技術で対処できるケースも多くあります。
しかし、精子が作られない場合は、外科的な処置や体外受精では、カバーできないケースになります。

弊社では、無精子症の方・および無精液症の方・精子死滅症の方・または極端な乏精子症の方に、精子提供プログラムをご案内しております。

精子提供プログラムとは、第三者の精子ドナーから精子の提供を受け、奥様の卵子とドナーからご提供頂いた精子で体外受精を行うプログラムです。
お子さんは奥様ご自身が出産されるため、法的にはご夫妻の実子となります。
国内ではごく一部の施設でドナー精子による体外受精を受けることができますが、ドナーを事前にプロフィールを見て選ぶことはできません。
弊社では、日本精子ドナーによる精子提供プログラムを、タイでご提供しております。
日本精子ドナーを選ぶ際には、写真や学歴、病歴などを含めたプロフィールをご覧頂くことができます。

精子提供をご検討中の方、お気軽に弊社までお問合せください。




卵子提供・精子提供・着床前診断のTFC
Copyrightc2008-2013 TFC Thai Fertility Center
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ




posted by TFC at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 精子提供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月21日

あなたの精子を守る十か条

おはようございます。
今日の東京も本当に朝から晴れて蒸し暑く、出社するだけで汗だくでした。
涼しい秋が待ち遠しいですね。
meadow_flowers_bloom_219600[1].jpg

さて、本日は興味深い記事をご紹介したいと思います。

あなたの精子を守る十か条

世界で広がる不妊症。中でも“晩産化”が進む日本の状況は深刻だ。今や男の10人に1人が精子に問題を抱える時代。
男も不妊とは無縁ではない。世界のカップルを悩ます不妊症、その最前線を追った(この連載は、週刊東洋経済2012年7月21日号「みんな不妊に悩んでる」を加筆修正したものです)。


卵子提供・精子提供・着床前診断のTFC
Copyrightc2008-2013 TFC Thai Fertility Center
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ





ラベル:男性因子
posted by TFC at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 精子提供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする