2019年11月06日

PSA検査

みなさんこんにちは。皆さんご存じの通り、日本人の死因の第1位は癌です。

PSA検査.jpg

癌は死因の第1位となっていますが、早期発見して対処すると命には別状がないといわれていますので、定期的な検査受診が必要ですね。
本日は、前立腺がんとPSA検査について以下ご紹介したいと思います。

"人間ドックのオプションなどで見る「PSA検査」。PSAとは「前立腺特異抗原」のことで、前立腺から分泌されるタンパク質を指す。微量のPSAが血液中に取り込まれるが、その値が大きくなると前立腺がんの可能性が指摘されることになる。医療経済ジャーナリストの室井一辰氏がいう。

「前立腺に炎症やがんができると血液中にPSAが増えることを利用した検査です。ただし、がん以外に前立腺肥大や前立腺炎でも数値が上がる。また前立腺がんは進行が遅いにもかかわらず、PSA値が高くなると過剰な医療が施されがちであることも問題です。
2014年の時点で、日本人男性の前立腺がん罹患率は11人に1人。死亡率を見ると75人に1人と少なく、10年生存率は78%。死亡リスクの比較的低いがんなのです」(室井氏)

海外の研究によれば、別の病気で亡くなった60〜79歳の男性を解剖したところ、7割から前立腺がんが見つかったと報告されている。前立腺がんになっていても、気付かないまま一生を終えることが多いのだ。

にもかかわらず、前立腺がんを切除する外科手術に踏み切る医師が多い。その代償として、尿漏れやED(勃起不全)など、男性にとって重要な機能が失われる場合も珍しくない。命と引き換えであれば致し方ないが、命に別状がないのに受けた手術でも納得がいくだろうか。

「アメリカ予防医学専門委員会は、2018年まで前立腺がん検査は不要としてきました。同年、『55〜69歳の男性であれば医師と過剰診断のことを相談したうえであれば検査を受けてもいい』と改訂しています」

前立腺がんの進行スピードを考えると、50〜60代のうちは1〜3年に1度の検査、70代以上は検査不要になると考えられているわけだ。"
https://news.infoseek.co.jp/article/postseven_1476261/

前立腺がんは死亡リスクが比較的低いようですが、治療の代償として尿漏れや勃起不全などがあるようですので、注意が必要ですね。

弊社TFCでは精子提供プログラムや卵子提供プログラムをご案内しております。
ご検討の方はぜひお問い合わせください。




posted by TFC at 12:00| Comment(0) | 弊社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月01日

マレーシアフェア2019

みなさんこんにちは。弊社TFCのプログラムはマレーシアでも行っています。

弊社TFCのプログラム.jpg

マレーシアは常夏の国。飛行機で7時間半ほどで行けます。時差も1時間しかなく渡航しやすい国です。
行ったことがある方、これから行くご予定がある方、行ったことがない方、などに朗報です。
日本にいながらマレーシアを体感できるマレーシアフェアが新宿で開催されるそうです。

"昨年2018年に初開催となった「マレーシアフェア2018」の大盛況を受け、本年2019年も11月2日(土)〜4(月・休日)に新宿中央公園で開催される「マレーシアフェア2019」。

開催日目前となった本日、オープニングセレモニー出席(11月2日12:00〜)のため、マレーシア第十六代国王の緊急来日が決定しましたことをお知らせいたします。(中略)

開催中、ステージでは民族舞踊の披露にはじまり、マレーシアの国民的ロックスターとして知られるエイミー・サーチの出演など熱狂のパフォーマンスが繰り広げられると共に、会場内にはマレーシア料理店や郷土品の売店などが軒を連ね、まさに「新宿にいながらにして本物のマレーシアが体感できる」イベントとなります。

この度、国王はマレーシアフェア2019が東京新宿で行われることへの感謝と期待を胸に、オープニングセレモニーに来臨されることとなりました。

「オールアバウトマレーシア」のコンセプトのもと、マレーシア大使館を中心にマレーシアに関わる様々な関係者が結集して開催される本イベントが、華々しいオープニングを迎えます。

【マレーシアフェア2019 概要】
開催名:マレーシアフェア2019
会期 :2019年11月2日(土)〜4(月・休日)
会場 :新宿中央公園 水の広場
主催 :マレーシアフェア2019運営事務局"
http://malaysiafair.jp/

フェアは今週末の11/2(土)〜11/4(月)に催されるそうです。
お近くにお住いの方はいかれてみてはいかがでしょうか。

弊社TFCでは精子提供プログラムや卵子提供プログラムをご案内しております。
ご検討の方はぜひお問い合わせください。


posted by TFC at 12:00| Comment(0) | 弊社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月23日

男性器移植

みなさんこんにちは。たとえば、腕や足など、うまれつき持っていたものが事故などで一瞬でなくなってしまったとき、私たちはどう感じるのでしょうか。

Transplantation.jpg

恐らく絶望な感じがするのかもしれませんが、本日は医学の進歩を感じさせる以下記事をご紹介したいと思います。

"爆弾が至近距離で爆発したせいで、両脚、そして男性器を丸ごと失った男性がいる。幸いにも亡くならずにすんだが、男性はその後すっかり希望を失いふさぎがちに。その男性が非常に難しい男性器移植手術を受け成功したとして、今の気持ちなどを明かした。
■大怪我により自信も喪失
アメリカ軍に在籍し、アフガニスタンで働いていた30代の男性がいる。
しかし今から9年前、男性は道端に仕掛けられてあった爆弾に気付かず踏んでしまったことで、両脚、男性器、さらには腹壁の一部を一瞬で吹き飛ばされた。
それでも命を落とさずにすんだ男性は、傷が癒えるのを待ち義足を使用するように。だが「両脚より、男性器を丸ごと失う喪失感のほうが大きかった」という男性は、両親など限られた人にしか事実を明かすことができずにいたとのこと。
自分の皮膚などを使う陰茎形成術の可能性を示されたものの、気持ちはふさぎがちだったという。
■脳死ドナーの男性器
しかし2018年になり、脳死ドナーの男性器をそのまま切除し男性に移植することを医師団が決定。「移植を受けて男性器を得なければ死ぬまで欠陥人間だ」と思いつめていた男性を救おうと25人の医師団が手術を担当し、14時間もかけ男性器を移植した。
「男性器の色が戻るまでうまくいったとはいえない」として経過を慎重に観察した医師団だが、その後に期待通りの回復をみせ、成功を喜んだという。
■精巣は移植せず
この手術で男性器を得た男性だが、精巣は移植してもらわなかったとのこと。
ドナーの精子が関わる部分のため「倫理的な問題が発生する可能性を考慮した末の決断だった」というが、男性は今後も子供は作れないため「子供がいる家庭を望む女性とは恋ができないかもしれない」と考えることがあるという。
■男性の今
それでも「移植手術を受けて本当に良かった」という男性は、今では立ったまま排尿できるほか、以前と同じではないものの「触ると反応するまでになっている」という。
医師団の尽力とすぐれた技術、そしてなによりドナーのおかげで人生の質が向上したという男性。ずいぶん明るくなったという男性は、男性器だけでなく、前向きに生きるために必要な希望も得たようだ。"
https://news.infoseek.co.jp/article/sirabee_20162181796/

驚きです。医学の進歩はすごいですよね。
精巣まで移植してしまうと確かに、ある意味精子提供も受け続けていることになるのでしょうね。

弊社TFCでは精子提供、卵子提供プログラムをご案内しております。
ご検討の方は以下よりお問い合わせください。


posted by TFC at 12:00| Comment(0) | 弊社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。