2017年08月09日

子宮鏡検査について

こんにちは。
暑い日が続きますね。
本日は子宮鏡検査についてのお話です。

fuji.jpg
不妊治療では、子宮の状態が受精卵の着床にとって重要な要素となります。従って、内診や超音波検査などで子宮内部に異常有りとの疑いがあると、子宮鏡検査を受けるよう勧められる場合があります。

子宮鏡は子宮内視鏡とも呼ばれ、子宮内部を観察するための内視鏡です。多くの場合、生理食塩水や炭酸ガスなどを注入し、子宮腔を広げた状態で使用されます。子宮内膜ポリープ、子宮筋腫、子宮奇形などの疾患が検査の対象となります。そして、場合によっては、子宮鏡下でポリープや筋腫の摘出が行われることもあります。

子宮内部を詳しく観察するためには、月経直後に検査を受けるのが最も適しています。また、子宮鏡検査前には血液検査を行い、B型肝炎、C型肝炎、梅毒、HIVへの感染がないか予め調べておく必要があります。

検査は5分から15分程度で終了します。また、子宮内視鏡は直径3mm程度と、とても細いため、検査での痛みもほとんどありません。

入院の必要もなく、検査後も通常の生活を送っていただいて構いません。ただ、感染予防のための抗生物質が検査後に処方されるので、医師の指示に従って服用してください。また、出血、腹痛、発熱などの異常があった場合にもただちに医師もしくは病院に連絡を取ってください。
検査には予約が必要なので、予めクリニック・病院に連絡をして検査日や検査前の準備などについて、お問い合わせして頂くことが良いと思います。

posted by TFC at 11:00| Comment(0) | 弊社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

冷えと不妊

こんにちは。
まだまだ暑い日が続き、毎日エアコンの電源を入れたり切ったりされている方は多いのではないでしょうか??
仕事中は、オフィス全体に冷たい風が広がり、自然と身体の内側から冷えていることに気づいているかと思います。

冷え.jpg

女性にとって冷え症は大きな悩みなのではないでしょうか。
妊娠しやすい体を目指す女性にとっては、特に重要な問題です。
足や手が温かくてもお腹や腰回りといった下半身が冷えているという女性はとても多いようです。
このブログを書いている私も、冷え症に困っております。

では、なぜ冷え症と妊娠が関係しているのでしょうか。
妊娠するには、排卵と月経のサイクルが必要です。
冷え症の方は、冷え症でない方に比べ、血流が悪いのです。
排卵や月経は、それらを促すホルモンによって生じますが、血流が悪いとサイクルも崩れてしまうのです。

末端冷え症よりも、深部体温が冷えているほうが不妊症には深い関係があるといわれています。
東洋医学では、子宮や卵巣に栄養分やホルモンが行きわたらなくなると、月経不順や子宮筋腫、子宮内膜症等の症状を引き起こすと考えられています。
他にも子宮内膜が厚くなりにくく、着床の妨げになるともいわれています。
冷え症が妊娠しにくい体の特徴といわれるのは、こういった理由からからです。
冷え症解消の為に、出来ることは試していきたいですね。

posted by TFC at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 弊社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

卵子提供プログラム

今年の暑さは、例年以上のようです。
お元気でしょうか。
熱中症で体調崩されるニュースが見受けられます。
お身体を作るのは毎日のお食事です。
積極的に栄養満点の食事を上手に取り入れていきたいですね。

dog.jpg


弊社の卵子提供プログラムのご案内をさせて頂きます。

卵子提供とは、卵子を提供する第3者の卵子を用いて、ご主人の精子と体外受精させ、受精卵(胚)を奥様の子宮に戻すという不妊治療です。その後、奥様のお腹の中で育てて、ご自身で出産します。
奥様のお腹で育てた赤ちゃんは、実子としてご夫婦のお子様になります。

不妊治療の技術は進歩しておりますが、100%解決できるわけではありません。
日本での卵子提供はご親族や知人から、
卵子を提供してもらうドナーさんをご自身で探す必要があったり、卵子提供を実施できる
医療施設が少ないという事もあり、日本国内での実績は今のところ多くありません。

弊社はマレーシアのクリニックと提携しております。
マレーシアは、目覚ましい発展を遂げている東南アジア随一の近代的な国です。
医療水準も大変高く、医療観光にも積極的に取り組んでおり、先進的な技術を取り入れております。
自然も多く、食の文化の楽しみもあり、治療を受けながらリフレッシュできるお時間もお楽しみいただけます。

弊社ではマレーシアで卵子提供プログラムをご案内しております。
海外での治療では不安な点も多くあるかと思います。ぜひお気軽にご質問など下記よりお問合せ頂ければ幸いです。

http://thaifertility.com/contact

posted by TFC at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 弊社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする