2017年11月22日

精子ドナーはどんな人?

こんにちは。
最近毎日冷えますね。

sperm.jpg


さて、弊社が提供するプログラムの一つに、精子提供がございます。
精子の何らかの原因があってお子様を授かる事ができないご夫婦のサポートをさせていただいております。
弊社のドナーの方は、以下の条件を満たした方々です。

健康な方。
20歳〜35歳の方。
喫煙されない方。
薬物・アルコール等の依存症でない方

その他にも、精神安定剤を服用されていないことや、こちらから指定する検診をお受け頂けることなど、細かな登録条件があります。
また、ドナーとしてのご協力を依頼する方をお決め頂く際には、ご本人より提供された以下のような情報や写真をご覧いただく事が可能です。
全身写真および顔写真
血液型
身体的特徴(身長・体重・目のタイプ等)
学歴/お仕事
病歴
趣味
ご両親の血液型 等
さらに、実際にご協力いただく際には身体検査を受けて頂いております。
精子提供をご検討されている方は、是非一度、株式会社TFCにご相談下さい。


posted by TFC at 16:16| Comment(0) | 弊社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

11年連続「住みたい国」世界No.1での不妊治療

こんにちは。今日は弊社で卵子提供プログラムをご提供しております、マレーシアに関してお話しさせて頂きます。

KL.jpg

マレーシアはオーストラリアやハワイといった人気地域を抑え、 11年連続(2006〜2016年)で日本人が住みたい国「世界No.1」に選ばれており、ここ数年、他のアジア地域の人気が高まりつつある中でも一番の人気を誇っています。 

マレーシアが選ばれる最大の理由の一つは、“日本よりも安い生活費(物価は約1/3)で、日本より高い生活水準を享受できる”からですが、多民族国家で外国人を受け入れやすい土壌であること、世界有数の親日国家で国民もフレンドリーであること、一年中常夏で過ごしやすいこと、衛生的で治安が良いこと、英語が通じること、医療水準が高く日本語対応可能な病院が多いこと、花粉症がないこと、地震・台風・火山といった天災がほぼないこと等、他地域を圧倒する数多くの魅力が人気を後押ししています。

海外の病院でも、安心して治療を受けて頂けるよう、弊社は信頼のおける医療機関をご紹介しております。
マレーシアでの卵子提供プログラムをご検討中の方は、ぜひ一度弊社までお問い合わせく ださい。

posted by TFC at 14:18| Comment(0) | 弊社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

流産の理由はなんだろう

さわやかな秋晴れが続き、各地で運動会が盛んにおこなわれているようですね。
スポーツ、読書、芸術など、秋は様々な形容詞が用いられますが、やはり食欲の秋ですよね!
適度に運動もしなければ、とも思っております。

さて、本日は流産の主な理由について考えてみたいと思います。

運動会.jpg

体外受精でせっかく妊娠反応が陽性になったのに、流産してしまったという経験をお持ちの方はご存知の方も多いことと思います。
早期流産の理由の大部分は染色体異常だと言われております。
早期自然流産の原因の約60%〜70%は染色体異常に起因するとも言われています。

加齢に伴い流産率は上昇しますが、その主な理由は染色体異常が関わっているからだと考えられています。
2014年の日本産婦人科学会が発表した年齢別の流産率は、30代前半では20%前後ですが40歳になると35%、45歳では65%にも上ったとのことでした。

染色体異常に起因する流産のうち、染色体の「構造的異常」に起因するものは4%にも満たないとされており、大部分が染色体の「数的異常」に起因すると考えられています。

しかし胎児の心拍が確認された後の流産率は低く、流産率に占める割合のうち、5%程度だとする文献も散見されます。
染色体の異常は胚の形成段階で生ずると考えられており、その多くの場合は着床しない、流産してしまうなど、早期に致死的な結果を生ずるとされています。
それでも心拍が確認された後の流産の原因のうち30%前後は染色体異常だと言われています。

流産は身体的にも精神的にも母体に与える影響は大きいと言わざるを得ません。
弊社TFCが提供させて頂いております着床前診断では移植する前の胚の染色体の数的異常を調べることができます。
面談ご希望の際はいつでもお問い合わせくださいませ。

posted by TFC at 10:00| Comment(0) | 弊社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする