2020年01月24日

アメリカの新種オンラインサービス

みなさんこんにちは。多様性といった単語はここ最近よく見かけます。

共同養育サイト.jpg

みなそれぞれ違いがあり、社会としてその違いを理解し、受け止め、認め、協力する、そういったことが求めてられているのが今の日本です。
さて、本日はアメリカの事情を少しご紹介いたします。

アメリカでは「共同養育サイトという新種のオンラインサービス」があるそうです。

"ジェニカ・アンダーセンさんは37歳の時、2人目の子どもを強く望んだ。シングルマザーの彼女は選択肢を検討した。理想の男性に出会うまで待つか、それとも精子提供者を選び、1人で産むのか。

最初の選択肢は望みがなさそうだった。だが精子提供を受けるのも気が進まなかった。いま4歳の息子と同じように、次に生まれる子どもにも父親役の男性がいてほしいと思った。少し調べてみると、もう1つの選択肢が見つかった。ポレンツリー・ドット・コムやモダミリーといった定額会員制ウェブサイトで、ロマンチックな期待を抱くことなく、子どもを産み、その養育権を共有したい者同士をマッチングしているのだ。離婚後の夫婦に似ているが、結婚やさまざまな協議を行う必要がない。

昨今これだけひとり親家庭が増え、デートアプリが盛況なことを考えると、この種のデジタルサービスは自然な流れとみるべきかもしれない。一方で、衝撃的な現象だと考える向きがあり、中には結婚制度に対する侮辱だと言う人もいる。

「家族の作り方としては議論の余地がある。尻込みする人もいる。だが男女が恋に落ちる理想的バージョンを思い描くのは短絡的だ」。現在38歳のアンダーセンさんはこう話す。彼女は妊娠している。"

出会い、恋愛、妊娠、出産、育児というのが通常というか、一般的な流れです。
このサービスは父親や母親役を探すと通常の反対から遡っているように最初見えましたが、出会い、恋愛、妊娠、出産、育児とするプロセスの出会いの箇所でも、相手は理想の父親や母親なのかといった観点で相手を選んでいる人もいるわけで、結局は同じことなんだなと感じました。
ちなみに、

"同氏によると、共同養育の希望者は約60%が女性だという。女性の共同養育者を探す男性顧客は、独身の同性愛者と異性愛者にほぼ二分される。さらに、同性カップルが子どもの人生に母親役または父親役を求める場合もある。"

だそうです。
これまでの実績としては、

"成功率を測定するのは難しい。ポレンツリーは2012年にサービスを開始して以来の会員数が約9万人に達した。ハリソン氏は同サイトでのマッチングの結果、500人以上の赤ちゃんが生まれたと推測する。"
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1060191.html

となっているそうです。
アメリカは考え方が柔軟でほんとにうらやましいなと思います。

弊社TFCのプログラムをご検討の方、プログラムにご興味がある方、一度話を聞いてみたいと思われている方、ぜひ以下よりお問い合わせください。


posted by TFC at 12:00| Comment(0) | 弊社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月17日

オメガ3とオメガ6の適度なバランス

みなさんこんにちは。言うまでもないのですが私たちの体は食べ物でできています。

mackerel.jpg

体にとって良くない食事ばかり摂取すると体に不調をきたしますし、体に良い食事を摂取することを心がけると体調は良くなりまります。
生活していく中で欠かせない食品もあります。例えば塩や油などです。
今回、油について面白いウェブサイトがありましたのでご紹介いたします。

"私たちの食生活には欠かせない油。油は食品のコクを深める他、口当たりをまろやかにしたり、唾液の分泌を促すことでジューシー感を生み出したりしてくれることから、実にさまざまな食品に用いられています。でも、どんな油をどう摂るかによって、私たちの健康が大きく左右されることをご存じですか?最新研究から見えてきた油選びの新常識をお伝えします。"

たしかに油は欠かせません。
一言で油といっても動物性の油や植物性の油など様々種類がありますね。

"私たちの健康を守る上で絶対に欠かせないのが、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸。どちらも、全身の細胞膜の材料になるなど、とても重要な働きをしています。でも、どういうわけか、人体の中で作り出すことはできません(ほかの脂肪酸は体内で作ることができます)。そのため、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸は、どちらも食品から必ず摂らないといけません。このことから、「必須脂肪酸」とも呼ばれています。(中略)"

それぞれ役割はどのようになっているのでしょうか。

"このオメガ3とオメガ6について、最近の研究で興味深いことがわかってきました。なんと、お互いに正反対の役割を担っているのです。例えば、オメガ6は白血球を活性化して病原菌などと戦う働きをしますが、オメガ3は逆に白血球の働きを抑制、炎症を抑えることがわかっています。だから、オメガ3とオメガ6が良いバランスを保つことが、健康には欠かせないのです。"

適度なバランスを保つことが重要だそうです。
それでは一体そのバランスは度よ脳になるのでしょうか。

"世界中の様々な疫学調査から、オメガ3とオメガ6をどのくらいのバランスで摂れば良いのかが明らかになってきました。例えば、大規模疫学調査が長年続けられている福岡県・久山町の研究によれば、血液中のオメガ3(EPA):オメガ6(アラキドン酸)のバランスが、1:2くらいまでは心臓病での死亡リスクが低く抑えられていますが、それを超えてオメガ6の方が多くなると、急激に死亡リスクが高まることが示唆されています。"

適度なバランスとは1:2だそうです。
それではバランスを保つためにはどうしたらよいかというと、

"現代の食生活でオメガ6を減らすのは難しいため、オメガ3を増やす作戦が良いとのこと。日本人なら、昔から食べてきたイワシ・サンマ・サバのような青魚がオススメで、魚が苦手な方はアマニ油やエゴマ油を使うのも有効です。"

なるほど、青魚です!
アマニ油やエゴマ油も有効なんだそうですね。
ご参考にしてみてください。

弊社TFCのプログラムをご検討の方、プログラムにご興味がある方、一度話を聞いてみたいと思われている方、ぜひ以下よりお問い合わせください。


posted by TFC at 12:00| Comment(0) | 弊社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月15日

不妊治療とAI

みなさんこんにちは。人の仕事はAIにとってかわられるなどといった話も聞きます。

AI select sperm.jpg

クリエーティブな仕事や人に接する仕事はさすがにAIだけでは仕事は周りません。今般不妊治療とAIについて以下のきじがありました。

"JOMDDと国際医療福祉大学・河村和弘教授、東京大学・池内真志講師らは、精子細胞の運動性や形態の判別に加えて、良好と判断された精子細胞の選別までの自動化を目的とした共同研究を開始。聖マリアンナ医科大学にて発明された技術をベースとしたもの。

具体的には、熟練の胚培養士が判定した良好精子像をディープラーニングを組み合わせて機械学習させることでアルゴリズムを構築。精子細胞の検出および、当該精子細胞の運動性/形態パラメータを迅速かつ自動で提供する機能を搭載し、胚培養士の判断を支援する。

現状精子の選別は胚培養士による目視と手作業で行われているため、胚培養士の知識や経験に依存している部分が大きく、胚培養士による選別精度のばらつきが懸念されている。また、技術習得の難しさや手技にかかる時間、顕微授精の手技件数の増加を受け、作業に伴う胚培養士への負担も増加。医療施設では胚培養士の人材不足も課題となっているという。"

選別精度、技術習得に要す時間の節約などを考えると、こういったところはやはりAIが得意な分野なのでしょうね。
結果として、費用が下がるといいのですが。

弊社TFCのプログラムをご検討の方、プログラムにご興味がある方、一度話を聞いてみたいと思われている方、ぜひ以下よりお問い合わせください。


posted by TFC at 18:26| Comment(0) | 弊社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする