2019年12月11日

航空券がお得なウインターキャンペーン

みなさんこんにちは。前回まで数回に分けてマレーシアの魅力など(http://ivf.seesaa.net/article/471997580.html)(http://ivf.seesaa.net/article/472045812.html)をお伝えしてきました。

winter campaign.jpg

今年の年末年始は土日がうまく絡められると9連休になり、9連休取得される方も多いのではないでしょうか。
せっかくなので長期の休を利用して旅行などに行きたいですよね。
私も含めそんな方に向けて本日は以下をご紹介いたします。

"マレーシア航空は、日本発着東南アジア・オセアニア・ロンドン行きなどを対象とした「ウインターキャンペーン」を、12月5日から27日まで開催している。

対象路線と往復運賃は、東京/成田発バンコク・プーケット行き・シンガポール行きは37,800円から、クアラルンプール行きは50,400円から、シドニー行きは56,000円から、ロンドン/ヒースロー行きは68,400円から。大阪/関西発バンコク行きは35,600円から、ジャカルタ行きは37,000円から、シンガポール行きは36,000円から、クアラルンプール行きは46,700円から、シドニー行きは56,300円から、ロンドン/ヒースロー行きは61,700円から。

その他のマレーシアや東南アジア、オセアニア各地行きの運賃も設定されている。ビジネスクラスの設定もある。いずれも燃油サーチャージ、諸税が別途必要となる。

対象搭乗期間は12月8日から2020年9月30日までで、一部期間は対象外。旅行期間は、マレーシア行きは3日以上10日以内、それ以外は3日以上1か月以内。

マレーシア航空の公式ウェブサイトやアプリ、指定旅行会社で購入できる。"
https://www.traicy.com/20191207-MHsale

東南アジアのみならず、英国を始めオーストラリア方面もキャンペーン対象のようです。
搭乗対象期間も12月8日から2020年9月30日と長めです。
少し調べてみる価値はありそうですね。

弊社TFCでは精子提供プログラムや卵子提供プログラムをご案内しております。
ご検討の方はぜひお問い合わせください。


posted by TFC at 12:00| Comment(0) | 弊社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月06日

マレーシア空港からの移動

みなさんこんにちは。前回このブログでマレーシアの魅力について少しご紹介いたしました。

マレーシア空港からの移動.jpg

ご存じの方もたくさんおられると思いますし、前回ご紹介いたしましたが、日本からマレーシアにはLCCでいくことができます。

東京の場合はエアアジアやスクートがLCCキャリアとして、大阪方面はジェットスターやスクートがLCCキャリアとして就航しています。
繁忙期などを避けて渡航しとうとした場合、金銭的な負担も少なく渡航することができるのではないかと思います。

マレーシアに到着すると、目的次第で行先は異なると思うのですが、多くの方はクアラルンプール市内に向けて移動されると思います。
空港から市内まで70km程の距離があります。関東でいうところの、成田から都心までの距離感です。

移動手段としては、電車、バス、タクシーなどがあります。
費用としてはタクシーが一番高額ですが、日本の物価と比べても大分安く移動できると思います。大体、約70RM(=約1900円)程です。全くなにも知らない場合、ぐるぐる異なる場所に向かう、高額な請求をされることがあるそうですので気を付けないといけません。

移動手段は様々、それぞれ良し悪しあります。タクシーも他の移動手段と比べると高いですけど、現地の状況をじっくり見るにはいいのかもしれません。お求めに応じて、手段を選んでみてください。

弊社TFCでは精子提供プログラムや卵子提供プログラムをご案内しております。
ご検討の方はぜひお問い合わせください。


posted by TFC at 12:00| Comment(0) | 弊社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月04日

マレーシアの魅力

みなさんこんにちは。弊社TFCの卵子提供プログラムはマレーシアなどで行っています。

Malaysia の魅力.jpg

マレーシアは日本から8時間ほどのフライトでいくことができるとの夏の国です。日本が寒い時期になってきた今、時間があれば温かいマレーシアに行きたいなあとよく思います。

8時間程のフライは、時間だけをとると大変長く感じますが、日本とマレーシアの時差は1時間しかなく、たとえば、到着まで同じフライト時間を要するハワイと比べると渡航は大変しやすいです。

マレーシアへは渡航はしやすいですし、滞在費を低く抑えることができるところも、その魅力の一つとして挙げられます。
最新の設備が整った近代的なホテルには1泊1万円以下で泊まることもでき、食事もおいしくて安い!
屋台などもありますので、アジア圏ならではの風情も感じることができます。

またまたハワイをたとえとしますが、例えばハワイではハワイの離島しか近くにはないですが、マレーシアの場合だといろんな国が近くにあります。シンガポール、タイ、カンボジアなどですね。

マレーシアだけでなくついでにと考えた場合、いろんな国に渡航が可能です。さらには、LCCエアアジアの拠点がクアラルンプールにありますので、安価に近くの魅力ある隣国へ渡航できますね。

ドナーとして渡航される方、お時間が許す場合は、せっかくですので隣国まで足を運ばれてはどうでしょうか。
治療を勧められているご夫妻の場合は、なかなかそういう気分になれないかもしれませんが、時間とお気持ちに余裕があるようでしたら気分転換に観光してみてはどうでしょうか。

弊社TFCでは精子提供プログラムや卵子提供プログラムをご案内しております。
ご検討の方はぜひお問い合わせください。


posted by TFC at 12:00| Comment(0) | 弊社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする