2019年11月20日

マレーシア 現金取引額の変更

みなさんこんにちは。弊社TFCの卵子提供プログラムは主にマレーシアで行っています。

malaysian-flag-waving.jpg

弊社クライアント様に限らずマレーシアへご渡航を予定している方も沢山おられると思いますが、マレーシアで少し気を付けておいた方がいいことを本日はご紹介いたします。

"マレーシアの中央銀行であるマレーシア国立銀行(BNM)のアブドゥル・ラシード氏副総裁は、2020年中に現金取引において2万5000リンギット(約66万円)の上限を設ける計画を明らかにした。英字新聞ザ・スターが7日報じた。

高額の取引を制限することでマネーロンダリングやテロ資金供与などの違法取引にお金を流れるのを防ぐ狙いがある。
ラシード副総裁によると、2万5000リンギットの制限は、商品やサービスの支払いを含む現金に関わる全ての取引に適応されるという。

今回の政策に関する一般家庭の影響については、ラシード副総裁は、多くの世帯の支出は約8000リンギット(約21万円)であり、今回の取引制限よりも「はるかに少ない」としている。
ラシード氏は匿名性のある現金取引の制限の必要性を強調。現地メディアへの取材で以下のように述べた。"
https://jp.cointelegraph.com/news/malaysia-to-impose-cash-transaction-limit-of-6k-in-2020-report

現金で66万以上の支払いができなくなるそうです。少し気を付けないといけませんね。
ただ、日本でも66万の現金払いは、なかなか見かけませんので、普通にマレーシアを観光する場合はあまり影響はないのでしょうね。

弊社TFCでは精子提供プログラムや卵子提供プログラムをご案内しております。
ご検討の方はぜひお問い合わせください。


posted by TFC at 13:56| Comment(0) | マレーシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。