2019年08月23日

精子のために避けたい食品

みなさんこんにちは。これまでに精子によい食品は何度もこのブログでご紹介してきました。

Glass bottle.jpg

本日は精子に良くないといわれている食品について以下ご紹介したいと思います。

"世の中は、便利で手軽な食べ物に溢れていますが、体にあまりよくないものが出回っているのも事実。食品業界内部の裏事情を知っている人たちは、食べるのをあえて避けているよう。

そうした食品業界内部に精通する人たち、つまり農薬、遺伝子組み換え(GMO)、動物虐待、社会的不正、不健康な食べ物などをなくすため日々尽力している人たちに、便利だけれどよくない食べ物と、代わりに食べるとよい食材を聞きました。今回は、調味料と保存食品です。(中略)

1. トマト缶
缶詰の樹脂コーティングにはビスフェノールA(BPA)と呼ばれる合成エストロゲンが含まれ、生殖機能障害や心臓病、糖尿病、肥満などさまざまな病気につながると言われています。研究によれば、ほとんどの人が、精子産生の抑制や動物の卵の染色体損傷を引き起こすとされる量以上のBPAを体内に持つことが判明しています。

「トマト缶1リットル分には50mcgのBPAが含まれ、これは体に影響を及ぼす量です。特に若い人は大きく影響を受けます」とコロンビア州ミズーリ大学で生物科学を教える、フレデリック・フォン・サール教授は言います。「私はトマト缶には近づかないようにしています」

対策:BPAによる体への悪影響を避けるため、樹脂コーティングがされていないガラス瓶に入ったトマトを購入するといいでしょう。(以下省略)"
https://news.infoseek.co.jp/article/mylohas_isnews_195924

BPAはプラスチックの原料として使われる素材です。食器や食品缶詰・缶の内側のコーティング、食品用ラップなどに一部含まれているそうです。
我々の体内にある一部のホルモンと形が似ているそうで、大量に摂取すると生殖器・神経系などに深刻な問題を引き起こす可能性があるそうです。

コーティング剤のBPAが食品に溶け出す場合は以下のケースがあるそうです。
  • コーティング剤をつくる工程で化学反応しなかったBPAが残留し、食品へ移行
  • 缶が熱くなりすぎた場合にBPAが分離する
  • 容器中の食品の油分が多く、コーティング剤が溶け出す
精子のために少し参考にしてみてください。

弊社TFCでは精子提供プログラムや卵子提供プログラムをご提供しております。
ご検討の方はぜひお問い合わせください。


posted by TFC at 12:00| Comment(0) | 弊社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。