2019年06月12日

長期保存した凍結精子

みなさんこんにちは。今日の東京は曇りです。先週末から曇りが続き少し肌寒い天気が続いています。

凍結精子.jpg

さて、本日は以下の記事をご紹介いたします。

”シドニー大学の科学者らが行った試験で、50年前に回収された羊の精子による妊娠が実現した。

受精したメリノ羊56頭のうち、34頭が妊娠した。海外メディアSkyNewsが伝えた。

試験に使用された精子は、4頭の羊から回収されたもの。そのうちの1頭はサー・フレディという名の羊のもので、1968年に回収。

世界一古い“生きた”精子として知られていた。精子は小さなペレットに入れられ、液体窒素によりマイナス196度で保存されていたとのこと。

今回の妊娠成功率は61%で、1年前に冷凍保存された精子の妊娠成功率59%よりも高かった。

准教授のサイモン・デ・ガーフはこの試験結果が「長期間にわたり冷凍保存された精子の生存能力を証明するものとなった」とし、絶滅危惧種の繁殖を助けるための新しい希望となると話した。 ”

50年前の精子を用いて体外受精して羊が生まれたそうですが、精子としては50年の間、時の流れがとまっていたわけですね。

極端なことを言いますと、液体窒素が続く限り、50年とは言わず半永久的に配偶子の保存が可能になってくるとは思えます。

そうなると、もちろん受精卵だけでは生命は誕生しませんが、生命が未来に生殖できる可能性があるわけです。

しかし、長期間保存するわですので、遠い将来の融解する段階にならなければ生殖能力に問題があるか否かは判断がつきませんよね。

それにしても、配偶子が凍結状態でも生き続けていることには驚きです。

弊社TFCでは精子提供プログラムや卵子提供プログラムをご用意しております。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。


posted by TFC at 12:00| Comment(0) | 精子提供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。