2019年04月19日

男性側にある不妊原因

みなさんこんにちは。東京は今日も晴れです。昨日も天気は良く気温は高かったのですが、今日の方が少し気温は高い気がします。
男性側にある不妊原因.jpg
不妊の原因には、女性側に原因があるケースや男性側に原因があるケースなど、様々な原因があります。不妊治療においては、たとえば女性の年齢が高くなることによる卵子の質が低下するなどと、ともすれば女性側の原因がクローズアップされがちです。女性同様に男性側にも不妊の原因はたくさんあり、問題の原因が特定できるのならば、その原因を解消する手段を取らなければ望む結果は得られません。

男性不妊の主な原因は精子形成障害と言われています。精子形成障害とは、精子が作られる機能に障害があることをいいます。男性側の不妊原因の9割を占めているといわれています。その精子形成障害のなかで最も多いのが以下の症状です。それぞれ簡単に説明いたします。

(1) クラインフェルター症候群
性染色体の異常が原因で精巣の発育不全などを起こす症状です。男性だけに見られる疾患です。1942年にクラインフェルター医師が発見し医師名が付けられました。クラインフェルター症候群の男性は以下の特徴がある。身長が高い、手足が長い。このほか、言語障害をともなったりする。成人になると無精子症となったりします。

(2) 停留睾丸
睾丸が陰嚢(いんのう)内部まで下降していない状態のことです。何かの原因で2個とも、または1個が降りてこないものを指します。精子作成能力が低下し不妊の原因になる恐れがあります。

(3) 精索静脈瘤
陰嚢の静脈が拡張した状態をいいます。静脈の圧力が高くなったり、精巣静脈の逆流を防ぐ弁が不十分だったりすると、静脈血が精巣に向かって逆流してしまい精巣機能を低下させ不妊の原因になる恐れがあります。

(4) ムンプス精巣炎
流行性耳下腺炎とも呼ばれ、いわゆるおたふくかぜの事です。睾丸炎などを認める場合があり、不妊の原因になる場合があります。

(5) 精巣捻転症
精巣(睾丸)が回転し精巣に行く血管・精管が突然捻れる症状の事です。強い痛みと精巣の腫れを伴い早急に捻れを戻さないと,精巣が壊死して萎縮してしまします。

(6) 高プロラクチン血症
女性側の高プロラクチン血症は、無月経、月経不順や黄体機能不全を起こしますが、男性側では性欲低下やインポテンスを起こし不妊の原因につながります。

弊社TFCではクライアント様が安心して海外で不妊治療を行って頂けるようにサポートしている会社です。上記に男性側の不妊原因を簡単にまとめましたが、プログラムお申込み前に精液検査など受診されることをお勧め致します。

プログラムをご検討の方はぜひ以下よりお問い合わせください。

posted by TFC at 12:00| Comment(0) | 精子提供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。