2019年02月13日

マレーシアからの訪日観光客

昨年12月、マレーシアから訪日された観光客は対前年同月比で4.5%増加したと報道がありました。単月としては過去最高の訪日数であったとのこと。年度としても2018年度は過去最高で47万人弱のマレーシア観光客が日本を訪れたとのことです。

常夏.jpg

ご存知の通りマレーシアは多民族国家です。ざっくり分けると、マレー系、インド系そして中華系と分けることができ、民族ごと宗教も異なります。この中でイスラム教系のマレーシアの方は中華系と比べ訪日旅行がいまだ一般的ではないようで、ソーシャルメディアによる情報発信などにより訪日観光客が増加した、と増加要因の1つがあげられていました。

マレーシア人の方を対象としたアンケート調査によれば、60%強の方が訪日観光旅行に興味があるとのことで、興味がないという方は5%弱だったそうです。同じくアメリカ観光については興味がないという方は30%強であったそうで、マレーシアでの訪日旅行への興味はかなり高いわけです。さらに言いますと、高所得層のマレーシアの方となってくると訪日観光旅行に興味がある方は70%を超えています。

訪日観光に興味がある方はその理由として、7割強の方が自然や観光地への訪問をあげています。また、歴史文化体験をしたいとお考えのかたも6割強となっています。

これら報道やアンケート結果から言えることは、多くの方が日本に対して好印象を抱いている、マレーシアは親日ということです。

弊社TFCでは卵子提供プログラムをマレーシアにおいておこなっております。
マレーシアは常夏で過ごしやすいです。また、親日の方が多いです。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

posted by TFC at 12:00| Comment(0) | 卵子提供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。