2018年11月21日

お風呂で解消、冷え対策

皆さん、こんにちは。
今朝もだいぶ冷え込みましたね。
本日は、冷え対策効果の期待ができるお風呂の入り方をご紹介します。

TFC.jpg

お風呂で解消、冷え対策
*入ってすぐは「ちょっとぬるめかな?」と感じるくらい、40℃前後が適温。熱いお湯は皮膚しか温まらず、すぐに湯冷めしてしまうので×。
*ドラッグストアなどに所狭しと並ぶ入浴剤。即効性はないですが、香りなどを楽しみながらゆっくりお湯につかるためのお助け商品。
みかんやレモンなど柑橘類の皮や、大根の葉っぱなどには保温効果があるので、よく乾燥させ、ガーゼで作った袋に入れてお風呂に入れるだけで入浴剤の代わりに。
*体が十分に温まるお風呂の時間は15分〜30分くらい(途中で出て体を洗ったり、一休みしてもOK)。つかるのは肩までではなく、「胸元」くらいまでがいいようです。
*お風呂につかりながら、普段動かさない足の指を開いたり閉じたりしてみよう。足の指の付け根には自律神経の通り道があるので、動かすことで活性化。

☆入浴後の注意点
入浴後すぐは体が温まり薄着になりがちですが、これは湯冷めのもと。
せっかく温まった体が急速に冷え、かえって冷え性を悪化させることに。お風呂上がりにも重ね着や靴下をはくようにいたしましょう。

自分が気が付いてなくても、体は冷えているときがあります。
ゆっくりとお風呂に浸かり、温まってリラックスし、1日の疲れを取りましょう。

弊社TFCでは、マレーシアで卵子提供プログラムのご案内をしております。
マレーシアは東南アジア諸国の中で医療水準が高く、周辺各国から様々な治療を求めて患者さんが多く訪れます。
マレーシアでの治療の特徴の一つとして、高額な費用が必要な不妊治療を地元の方々にも提供できるよう、手の届く価格での治療を進めることが出来る様、配慮されていることも挙げられます。
一年中寒さ知らずのマレーシアでの卵子提供プログラムをご検討中の方は、ぜひ一度、弊社までお問い合わせください。

posted by TFC at 16:33| Comment(0) | 弊社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。