2018年11月15日

スマホで精液検査

不妊の原因はさまざまあります。その原因を特定するために様々な検査を受け妊娠の障害になっている原因を解消してゆきます。

スマホで精液検査.jpg

はっきりとした原因がわかればその原因を取り除くように対処できるわけですが、体調は常に変化しており、障害も1つとは限らず複数存在していたりする場合もあり、検査でも明確な原因特定とまで至らず具体的対処が施せないとったことが起きます。そうすると治療期間は長くなるわけですが、女性側に不妊の原因がある場合、男性側に原因がある場合と原因は様々です。

割合でいうと女性側の割合は4割程で男性側は3割弱程となっています。男性側の原因を見てみると、その多くは精子に問題があるケースが多いです。たとえば、精液の量、精子の濃度、精子の運動率や形態など、具体的にどこに障害があるかと掘り下げてゆくわけですが、ここを担うのは精液検査です。もちろん検査は費用を要しますが、不妊治療で行われる他の検査と比較しても、そこまで高額な検査ではないです。保険適用もしますし大まかなイメージとして数千円のご負担です。

先般、ある企業が新商品を開発したとしたニュースがありました。スマホで精液検査ができる商品が今後発売されるとのことです。そのニュースによれば、専用のスマホ用の顕微鏡レンズが入っているキットを購入して専用アプリをスマホにインストールする。同梱されている精液採取用カップや採取棒を使って採精したら、その場ですぐに精子の濃度や運動率が測定できるそうです。ちなみに値段は4,980円。検査回数としては、複数回検査はできる模様です。時間の制約がありどうしても検査通院ができないという方や精子の状態を常に把握しておきたいとお考えの方にはいい商品だと思います。

精子に問題があってその問題が解消できない場合は第3者の精子の提供を受け妊娠を目指す方法に進まれる方もおられます。日本国内においても精子提供による不妊治療を実施している機関はありますが、国内で行っている手法は精子提供と人工授精で、ドナーの選択もできません。

弊社TFCでは、海外で、第3者から精子の提供を受け妊娠を目指す精子提供プログラムもご提供しております。日本人ドナーのなかからご希望のドナーをご選択頂けますし、人工授精よりも成功率の高い体外受精にる治療を受けることが可能です。
ご検討の方は下記リンクよりお問い合わせください。


posted by TFC at 17:36| Comment(0) | 弊社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。