2018年06月15日

有酸素運動で不妊体質改善

こんにちは。
いよいよワールドカップが、始まりましたね。
見るのも楽しいですが、体を動かすと心も卵子も喜びますよ。

ヨガ TFC.jpg

有酸素運動は、血流を良くさせ、ホルモンバランスを整えます。
有酸素運動は不妊症を克服する有効な手段として、アメリカでもとても注目されています。

有酸素運動とは、長時間継続可能な軽度の運動のことを言います。つまり、ウォーキングやジョッギング、サイクリング、水泳、ヨガなどです。
無理なく20分程つづけられる運動が良いみたいですね。

☆中でも今日はヨガについて、調べてみました☆

ヨガの効果といわれる代謝の活発化、血行の改善、ホルモンバランスの調整などは、いずれも不妊症の改善と密接な関連があります。

代謝の活発化:代謝が活発化すると基礎体温の上昇につながります。一般的に不妊症の方は、基礎体温が低い傾向があると言われ、体温をあげることによって妊娠しやすくなる場合があるのです。

血行の改善:血行が良くなることで胎盤へ栄養や酸素が供給されやすくなり、卵子や受精卵にとってよい環境を作ることが出来ます。

ホルモンバランス調整: 現代社会では様々なストレスにより、ホルモンバランスに変化が生じ、女性の卵子の数が少なくなっているそうです。ヨガには女性ホルモンのバランスを元に戻す効果もある為、妊娠しやすい体を作ることが出来るのです。

ヨガに限らず、長時間続けられる程度の軽い有酸素運動は、気分転換にもなり、日常のストレスを軽減させる効果もあります。
ただし、過度な運動は逆効果です。
体にも心にも負担にならない程度に。を心がけて取り入れてみましょう。

posted by TFC at 13:09| Comment(0) | 妊娠力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。