2017年09月06日

移植胚を決めるときに重要なこと

こんにちは。すっかり秋を感じる気候ですね。
みなさん、衣替えはお済みですか?

さて、本日は移植胚の個数を考える際に重要な点について書きたいと思います。

秋の訪れ.jpg

弊社のクライアントの方の中でも、移植する胚の個数につきましては、悩まれる方が多くいらっしゃいます。

ご決断いただく際の重要な点といたしまして、本日は2点注目したいと思います。
まず1点は1個の胚を移植する場合と2個の胚を移植する場合の妊娠率の比較についてです。

1個の胚移植と2個の胚移植を行った場合での妊娠率は2個の胚移植を行った方が若干高い傾向にあるというデータが散見されるのは確かです。
しかしデータの背景(卵子年齢、母体年齢、顕微授精かどうか、新鮮胚移植ないし凍結胚移植等)により妊娠率の数値にはばらつきがあるようです。
そして様々な機関が発表しているデータを参照しても、2個の胚を移植することで、1個の胚を移植する場合に比べ、その確率は倍になるというデータは見つけることができませんでした。

さて、2点目の重要な点といたしましては、「多胎妊娠」のリスクです。

一般的に多胎妊娠により発生しうるリスクとして下記のようなリスクが一般的に報告されております。

赤ちゃん(胎児、新生児)への影響
・流産・早産・低出生体重児
・子宮内胎児発育不全
・死産率・周産期死亡率・乳児死亡率の上昇
・胎児異常
など

母体への影響
・妊娠高血圧症候群
・弛緩出血
・悪阻
・妊娠糖尿病
・貧血
・血栓症など
いろいろなトラブルの頻度が全体的に単胎に比べて多いとされています。

日本では体外受精の際の移植胚は原則として単一(1個)が推奨されているのが現状の様です。
しかしご夫妻のご状況により、ご夫妻と、そして担当の医師との間でよくご相談頂くのがいいかと思います。

弊社では、ご夫妻と現地クリニックの医師の間に立って、精一杯サポートさせてい頂いております。
面談ご希望の方は、いつでも弊社にお問い合わせくださいませ。


posted by TFC at 11:00| Comment(0) | 妊娠、出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。