2017年09月01日

不妊とピロリ菌の関係

こんにちは。
本日は涼しい東京でございます。

夕方以降は雨の予報ですのでで、お洗濯は午前中にお済ませ下さいね。


TFC_Lab.png


不妊治療の検査というと、皆様はどのような検査を思い浮かべ、実際に受診されているでしょうか。

基礎体温、ホルモン数値、頸管粘液検査、フーナーテスト、etc., etc., 数えきれない程の「不妊の原因を特定するための検査」が存在し、自分が受けている検査が何を目的としているかを学ぶことだけでも、大変です。


ではピロリ菌の検査はどうでしょうか?

不妊治療院でピロリ菌の検査を受けるように言われた事はありすか?

ピロリ菌の検査は、健康診断のオプションとしてお受けになる方が多いかと思います。

その目的は…、最も大きな理由としては、胃癌の予防という事になるでしょう。


ヘリコパクター・ピロリ菌は胃潰瘍や胃がんの原因となる事が知らていますが、実は近年、女性側も男性側も、ピロリ菌の保有が不妊に関連しているのではないかと、いくつかの論文や、研究結果が報告されています。


・不妊女性のピロリ菌抗体陽性率は44%と、そうでない群29.7%に対して、優位に高かった。

・血液検査でピロリ菌抗体陽性の女性全例が、卵胞液もピロリ菌抗体陽性であった。

・2004年には日本の研究グループでも同様の報告がなされました。

・原因不明不妊の女性の頚管粘液中にピロリ菌が検出されて、実験の結果、精子の侵入を阻害する

・女性がピロリ菌に感染していると、ピロリ菌に対する抗体を持ち、この抗体が精子と反応すると精子の運動性を低下させて、卵子との融合を妨げる

・男性不妊の50.8%がピロリ菌抗体陽性で、そうでない群の36.1%に対し、優位に高かった

・ピロリ菌に感染していると、精子の運動性、生存率、正常な形状の精子数が低下する


一説には、ピロリ菌感染は、妊娠後の重症悪阻との関連性も指摘されています。


ピロリ菌の検査にはいくかの種類がありますが、採血での検査も可能であり、費用も高くはありません。

不妊治療のみならず、消化器系疾患の予防のためにも、ご夫妻で一度、受診される事をお勧めいたします。




posted by TFC at 11:00| Comment(0) | 不妊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。