2017年08月25日

喫煙が精子に与える影響

こんにちは.
今日は朝からとても蒸し暑いですね。
脱水にはお気をつけください。

smoking.jpg

さて、本日は喫煙と精液所見の関係についてお話をさせて頂きたいと思います。
喫煙による様々な健康への悪影響は言うまでもありません。
妊娠中や授乳中に喫煙しないことも妊活中のみなさんにとっては当然と思われることでしょう。

勿論妊娠前も同様です。喫煙が不妊症のリスク、早期閉経へのリスク、流産のリスク、そして子宮外妊娠のリスクと関係していると言われています。

さて、喫煙は妊活中の女性だけに影響するのでしょうか。

もちろんそんなことはありません。

男性が喫煙している場合、精子の所見(精子濃度の低下、精子の運動率の低下、正常形態の精子の数の低下など)も明らかに低下するという報告が散見されています。
さらに、一般的な精液所見の「正常値」はきわめて限定的であるという意見もあり、染色体への影響率などを図る指標になるかどうかは定かではないとも考えられています。

その日のコンディションによって精子所見は大きく左右されると言われています。
少なくとも喫煙は精液所見にも悪影響を及ぼすことは妊活を行っていく上で、ご夫妻で認識しておく必要がありそうですね。

妊活中のご夫妻で、喫煙されている方は少ないかとも思いましたが、喫煙が女性側だけでなく男性要因の不妊症を引き起こす可能性についてお話をいたしたく、書かせていただきました。

もちろん副流煙による奥様への影響もあります。

体外受精の治療をしているとつい、卵子の数や質ばかりを気にしてしまうかもしれません。

しかしその大切な卵子に受精する精子の質も非常に重要です。
さらに重要なことに、精子の状態が染色体異常の発生頻度との関わりがあると言われている、と言う点です。

弊社TFCでのカウンセリングをご希望の方はぜひ一度お問い合わせくださいませ!


posted by TFC at 11:00| Comment(0) | 不妊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。