2017年04月21日

マレーシアでの卵子提供プログラム


こんにちは。昨日までは上着がいらなかったのにもかかわらず、本日は少し冷えますね。

KL.jpg

さて、弊社ではマレーシアでの卵子提供プログラムもご提供しておりますが、マレーシアの医療水準にご不安を抱かれる方も少なくは無いかと思います。マレーシアは東南アジアの1国ですが、医療水準は高く、周辺各国から様々な治療を求めてマレーシアに来る人達は多いそうです。

いくつかデータをご紹介させていただきます。
マレーシアは7年連続(2006〜2012年)で日本人が住みたい国「世界No.1」に選ばれており、 物価水準も低く東南アジアでも有数の治安の良さ*1 知られています。約30年に渡り海外移住者向けに情報提供しているInternational Living (http://internationalliving.com/) から発表された2014年医療環境ランキングでも、1位フランス、2位ウルグアイに次いで、世界第3位にランクインされています。

マレーシアの医療レベルが高いというのは意外だと感じる方も多いかもしれませんが、マレーシア保健省によると2013年に渡航治療でマレーシアを訪れた外国人は77万人(不妊治療以外も含む)にも上る*2とのことでした。周辺諸国に限らず、日本を始めとしイギリスやアメリカからも*3 多くの方々が渡航治療に訪れているようです。

弊社で提携している病院も、マレーシアでハイレベルな医療を提供する医師の一人が院長を務め、常に高度な医療技術とサービスを提供すべく、日々努力されています。こちらのクリニックの特徴の一つとして、高額な費用が必要な不妊治療を地元の方々にも提供できるよう、手の届く価格での治療を進めることが出来る様、配慮されていることも挙げられます。
現地には弊社日本人女性スタッフが常駐し、病院への付き添いはもちろんのこと、ご希望により空港への送迎やホテルチェックインのお手伝い等、慣れない海外でのご滞在をしっかりサポートさせていただいております。

マレーシアでの卵子提供プログラムをご検討中の方は、ぜひ一度、弊社までお問い合わせください。

*1:     英国の民間研究機関・経済&平和研究所(IEP)が発表した「2012年世界平和インデックス(対象158ヵ国・地域)」に於いてマレーシアは世界20位にランクインし、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国では1位を記録。因みにシンガポールは23位。


posted by TFC at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 卵子提供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449207027
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック