2017年03月22日

早発閉経と妊娠

こんにちは。

いよいよ春の到来です。
だんだん暖かくなり桜開花の日も発表されましたね。お花見を楽しみに予定している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今日は早発閉経のお話です。
早発閉経とは43歳未満までに起こることで、月経の回数が減りやがて来なくなります。早発閉経の方は通常の方より閉経の年齢が早く、若い方でも10代、20代の方でも見受けられます。

ホルモンと関係している為、ホットフラッシュ、気分の浮き沈みや疲れやすくなる等、更年期障害に見られるような症状が現れます。

早発閉経になりやすいのはどのような人でしょうか?

遺伝疾患(染色体異常)
自己免疫疾患(TSH機能が低下している)
卵巣の手術や卵巣がんによる科学治療や放射線治療を受けた方


早発閉経.JPG

早発閉経と診断された場合、ホルモン補充療法(不妊治療)を行い、排卵を促したり体外受精を行うこともあります。
ただし治療のほとんどが自費診療になるため、金銭的に負担が多く治療を断念することがほとんどです。

しかし上記のような治療をやっても効果が出なかったり、精神的にも肉体的にも負担が非常が多いのが実情です。

国内での不妊治療だけでなく海外での治療も早発閉経の方にとって有効な治療方法となります。弊社ではマレーシアでも卵子提供プログラムをご案内しております。第3者からも卵子提供を受けクアイアント様の多くが元気なお子様を授かっておられます。
海外での治療では不安な点も多くあるかと思います。ぜひお気軽にご質問など下記よりお問合せ頂ければ幸いです。



卵子提供・精子提供・着床前診断のTFC
Copyright 2017 TFC Thai Fertility Center

人気ブログランキングへdairibirth88_31_nf.gif


posted by TFC at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 弊社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448253994
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック