2016年10月26日

妊娠23週で腫瘍切除手術を受けた赤ちゃん、無事出産

こんにちは。
銀座プランタンが年内で閉店だそうで、現在閉店セールを開催しています。
12月末までセールが続くそうですから、有楽町、銀座界隈にお越しの際は、覗いてみてはいかがでしょうか。

紅葉.jpg
出生前手術で腫瘍を切除 2度産まれた赤ちゃん(米)

テキサス州プレイノ市在住のマーガレット・ベーマーさんは、妊娠の定期検査で医師から胎児に異常があると告げられた。お腹の中で日に日に弱っていく赤ちゃんに心を痛めたベーマーさん夫妻は、戸惑いながらもある決断をする。『edition.cnn.com』ら複数のメディアが報じている。

2児の母であるマーガレットさんは妊娠16週の超音波検査で、お腹の赤ちゃんが35,000人に1例の割合で発生する「仙尾部奇形腫(sacrococcygeal teratoma)」を患っていると医師から告げられた。この病気は尾骨にできる腫瘍で、出生後の腫瘍切除により良好な予後が得られるケースは50%と言われる。

マーガレットさんのお腹の赤ちゃんの場合、腫瘍は決して小さくなく、放っておけば血液の流れが悪くなり心不全を起こすなど命の危険があった。キャス医師らのチームによって行われた手術は5時間にも及んだ。妊娠23週と5日に入り約538グラムになっていた胎児は、20分間だけ子宮から完全に取り出され、腫瘍が切除された。

この時、腫瘍は赤ちゃんよりも大きくなっていたという。

そして最初の手術から12週後、妊娠36週目の時に、マーガレットさんは帝王切開により約2400グラムの女の赤ちゃんを出産した。

赤ちゃんは2人の祖母の名前を取ってリンリー・ホープと名づけられた。

出生から8日後、リンリーちゃんは最初の手術で取り切れなかった腫瘍の切除手術を受けたが、術後は良好で体調も回復。今月21日に無事退院している。

35,000人に一人の稀なケースとのことですが、一度お母さんのお腹から出されて手術を受け、その後またお腹に戻った赤ちゃんが、無事に生まれてくるなんて、奇跡のような話ですね!
こんなことが可能な現代の医学に驚かされたニュースでした。


卵子提供・精子提供・着床前診断のTFC
Copyright 2016 TFC Thai Fertility Center
人気ブログランキングへにほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ




posted by TFC at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック