2016年06月10日

小林麻央さん 乳がんで治療受ける

こんにちは。
梅雨はまだ序の口だというのに、真夏の暑さが続きます。皆様、お元気ですか。

ebijpg.jpg

人気歌舞伎俳優、市川海老蔵さんの妻でフリーキャスターの小林麻央さん(33)が、1年8か月ほど前に乳がんと診断され、抗がん剤を使った治療を続けていることが分かりました。

海老蔵さんは9日午後、東京都内で会見を開いて麻央さんの病状などを説明しました。
こ の中で、海老蔵さんは「単刀直入に言うと、乳がんです。1年8か月ほど前に分かりました。進行具合に関しては、かなりスピードの速いもので、なかなか大変 なものではないかというご意見をお医者様から頂いた」と述べ、2人で受けた人間ドックをきっかけに麻央さんが乳がんと診断されたことを明らかにしました。
麻央さんは抗がん剤を使った治療を続け、これまでのところ、手術は受けていないということです。
病 状について、海老蔵さんは「入院をずっとしていました。つい最近、通院という形が取れるようになりました」としたうえで、進行の度合いについては明言を避 け、「『深刻だ』ということでご理解していただければ。簡単に治らないからこそ、時間が経過して、このような会見になっているわけですから」と述べまし た。
麻央さんと海老蔵さんは6年前の平成22年7月に結婚式を挙げ、長女の麗禾さん(4)と長男の勸玄くん(3)との4人家族です。
会見 で、海老蔵さんは「誰よりもいちばん本人がつらいと思うんです。元気になりたいという気持ちと小さい子どものそばにいられない母親の気持ち、私には計り知 れないつらさ、苦しさと闘っている」と麻央さんの思いを代弁したうえで、「できれば皆様にお願いしたいことは、やはり病気ですし、子どもたちも小さいです し、麻央がどうなったか、もしくは子どもたちが元気にやっている姿は、僕が報告することができるので、なるべく見守っていただきたいというのが本音です」 と話しました。

とても心配ですね。
しかし、お二人で人間ドックを受診していなければ発見がもっと遅くなり、手遅れになっていたかもしれません。
TFCでは、レシピエントの方、ドナーの方に検査をして頂く事があります。

特にドナーの方は、年齢が若いのでドナー協力をするまで婦人科系の検査を受診した事のない方が多くいます。
実際検査をしてみると、年齢が若くても何かしらの症状が見つかる事もあります。

定期的に検診を受ける事の重要性を感じました。
小林麻央さんが一日も早くお元気になられる事を祈っております。

卵子提供・精子提供・着床前診断のTFC
Copyrightc2008-2016 TFC Thai Fertility Center
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

posted by TFC at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 弊社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック