2016年04月27日

スマホで精子チェック?!

こんにちは!
あと何日かでゴールデンウィークですね。
旅の予定を立てている方も多いかと思います。
私はハイキングに行って帰りに日帰り温泉に入るのが、GWの楽しみです!


精子チェック_スマホ_不妊治療.jpg

今日は、不妊治療の影の主役、精子を測定する新しいスマホのサービスをご紹介します。

スマホで精子の濃度と運動率が測定できるサービス「Seem」とは


株式会社リクルートライフスタイルは、スマートフォンで自分の精子の濃度と運動率が簡単に測れるサービス『Seem』の提供を開始する。スマートフォン顕微鏡レンズが入った「Seemキット」を、4月末より東京都内・近郊の一部クリニック、薬局にて期間限定でテスト販売をスタート。なお、利用するには専用のiPhoneアプリ(無料)が必要になる。

日本では晩婚化と晩産化が要因で不妊に悩むカップルが増えているが、妊活や不妊治療は女性が主体となって行なうケースが多いのが現状。WHO(世界保健機関)の調査によると、不妊原因が男性のみにある場合が24%、女性のみにある場合が41%、男女ともにある場合が24%、不明が11%と報告されている。つまり、不妊の48%は男性側に原因があり、妊活や不妊治療は初めからカップルで一緒に取り組むべきであることがわかる。

しかし、男性が医療機関で精液検査を受けるには心理的抵抗や時間的制約など様々なハードルがあり、多くの男性は検査を受けた経験がない。そのような背景から、リクルートライフスタイルは、男性不妊専門医の監修の下、臨床試験を実施し、自宅で手軽に精子の状態をセルフチェックできる『Seem』を開発した。男性の医療機関受診のきっかけをつくり、男性の妊活・不妊治療に対する意識や行動変化の実現を目指していくとしている。

■『Seem(シーム)』キット概要
【付属品】
・スマートフォン顕微鏡レンズ
・精液採取用カップ
・採取棒

【セルフチェックの手順】
1.射精一回分の精液をすべて、採取用カップに入れる。液化するまで15分待つ。
2.採取棒を使って、スマートフォン顕微鏡レンズの上に精液を1滴のせる。
3.レンズをiPhoneにセットし、専用アプリ『Seem』で動画を撮影する。
4.動画がプログラムで自動解析され、精子の濃度と運動率が表示される。


TFCでは、卵子提供、精子提供、着床前診断といった海外でのプログラムをご提供していますが、受精の結果には精子の状態も大きく影響します。精子の状態は、体調や、待機期間などによっても変わってきますが、クリニックに行ってしょっちゅう精液検査を受けるのも難しいものです。

手軽に精子の運動率と濃度が自宅で調べられるのはとても便利ですよね。
採精の前に、こういったキットでチェックしてみてはいかがでしょうか?

卵子提供・精子提供・着床前診断のTFC
Copyrightc2008-2016 TFC Thai Fertility Center
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ




posted by TFC at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 男性の精液検査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック