2015年08月20日

食生活改善で妊娠力アップ!

みなさん、こんにちは!

今日の関東地方は、比較的過ごしやすい一日でしたね。
気温差で体調を壊さないように気をつけましょう。

10325308_928073750553005_1520109787615072051_n.jpg

さて、今回は毎日の生活の中で無理なく産むちからをアップするための、理想的な1日の送り方をご紹介したいと思います。
妊娠力だけではなく、どれも美容と健康につながる項目ばかりなので、ぜひ普段の生活に取り入れてみてください。

朝(ビタミン摂取と冷えない身支度)
たっぷりの野菜と果物で酸化対策
トマトのリコピンや、ぶどうのポリフェノールなど、野菜や果物にはビタミンや食物繊維のほか、老化防止に効く抗酸化作用成分がたっぷり入ってます。

夏でもインナーで冷えを防止
冷えは妊娠の大敵です。
今の季節でもインナーを着用し、身体を冷やさないようにしましょう。
一日履き続ける靴は安定感のあるものを選ぶといいですよね

昼(身体を温めて心身を元気に活性化)
温かいお茶をランチのお供に
身体の中でも最も冷えやすいのは内臓です。
マイボトルに温かいお茶を入れて持ち歩いたり、チューブや粉の生姜を入れた生姜紅茶もお勧めです。

職場のストレスは上手に気分転換
ストレスやプレッシャーもホルモンの働きの妨げになります。
疲れたなと感じたら、好きなことや気持ちのいいことをする時間を作って上手に息抜きをしましょう。

帰り道はひと駅前で下りてウォーキング
ジムに通わなくても姿勢を正してて早足で歩くだけで身体は温まります。
運動は血液の循環を促すのにぴったりの方法です。

夜(その日に溜まった滞りを、すっきり解消)
料理がつらい日もごはんだけは炊いておく
混ぜて炊くだけの栄養価の高い発芽玄米取り入れ、栄養バランスを向上させましょう。

入浴後のひざ下マッサージで血行促進
ひざから下は身体の中でも最も老廃物が滞りやすい場所です。
入浴後に第2の心臓と呼ばれるふくらはぎ&冷えやすい足首をマッサージが効果的です。

少しの心がけでできることなので、毎日の生活に気軽に取り入れて、妊娠しやすい身体つくりをしてみてはいかがでしょうか。

卵子提供・精子提供・着床前診断のTFC
Copyrightc2008-2015 TFC Thai Fertility Center
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ




posted by TFC at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック