2015年08月13日

妊活に大切な「葉酸」

こんにちは!
お盆期間でお休みの方も多いかと思います。
今日あたりから通勤の方が減って、電車が空いていて快適です。

green_folic_acid.jpg

さて、妊活中の女性には、「葉酸」の摂取が大切、ということは、聞いたことがある方も多いと思います。
葉酸は水溶性のビタミンB群の一種ですが、葉酸が不足すると、いろんな不調を招くと言われています。
葉酸の不足により、例えば下記のような症状が現れます。

・悪性の貧血(巨赤芽球性貧血=DNAの合成障害が原因で起こる貧血)
・口内炎
・食欲不振
・舌炎
・下痢 等々

では妊活中の方に葉酸が必要なのはどうしてでしょうか?
妊娠初期(4週〜12週)は胎児の細胞分裂がさかんな時期ですが、この時期に、妊婦の葉酸が不足していると、胎児に神経管閉鎖障害が起こりやすくなるといわれているのです。

神経管閉鎖障害とは、脳や脊椎を形成する神経管が妊娠前期に正常に形成されないことによっておこる先天異常のひとつです。
厚生労働省では、神経管閉鎖障害のリスク低減のために、妊活中の女性は、食品に加えて、栄養補助食品から1日0.4mg(400μg)の葉酸を摂取することを推奨しています。

先天異常の多くは妊娠直後から妊娠10週以前に発生することから、妊娠の兆候があって、産婦人科を受診してから葉酸の摂取を開始しても、遅いこともあります。
従って、妊活中の方は、妊娠1ヶ月以上前から3ヶ月までの間に葉酸を摂取することが勧められます。

妊娠を計画している女性は、普段からバランスの良い食事を心がけるのはもちろんですが、食品で補うのはなかなか大変です。
サプリメントから摂取することも、心がけてみてくださいね。


卵子提供・精子提供・着床前診断のTFC
Copyrightc2008-2015 TFC Thai Fertility Center
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ




posted by TFC at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック