2015年07月29日

夏こそ気をつけたい-内臓冷え

こんにちは。
通勤電車に小学生の姿を多くみかけるようになりました。
夏休みに入ったのですね!いよいよ夏本番です。

drink_cold.jpg

この頃はこと節電の意識が高く、かつては夏の方が多いと言われたオフィスで働く女性の冷えの悩みも減ってきているように思います。
そんな中で、高めの気温をやり過ごすために、冷たい飲み物や食べ物を摂取する事が増えていないでしょうか。
これは要注意です。

冷たい飲み物はダイレクトに内臓を冷やします。
内臓が冷えると体内温度が低下します。血管は収縮して体温を保とうとしますので、血行が悪くなり内臓の機能が低下します。なかでも全身のリンパ球の6割から7割があるとされる腸の機能が低下すると、便秘や下痢が発生したり、免疫力も低下したりします。
冷房も控えているし、水分もこまめにとっているのに、何だが夏は体調が優れない。という方はこの「内臓冷え」を排除してみましょう。

「内臓冷え」は当然ながら内臓の一つである卵巣、子宮にも影響があります。
冷えは明らかに卵巣、子宮への血流に影響しますので、お子さんを望んでおられる方はさらに要注意です。

気温にかわわらず、体に入れるもののほとんどは食べ物、飲み物は、常温以上に温かい(ぬるい)ものがお勧めです。
暑いときに熱い物を摂取すると体が温まり、汗が出ます。発汗によって体内の温度を逃がしますので、結果的には涼しくなったりする事もあります。
また戸外で炎天下等で体が解けそうなときやふらるらしてきたと感じたような場合には、とりあえず頭から水をかぶる、脇や首の後ろのリンパ節や太い血管に冷たいものをあて、運ばれるリンパ液、血液自体を冷たくしてやる方が効果的です。こまめな水分摂取は必須ですが、いかにも冷たい飲み物が欲しくなるそんあ状況でも、理想はやはり常温です。

卵子提供・精子提供・着床前診断のTFC
Copyrightⓒ2015 TFC Thai Fertility Center
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
posted by TFC at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 不妊治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック