2015年04月08日

カウフマン療法とは

こんにちは!
今日はすっかり冬に逆戻りしたような寒さ、関東の一部では雪も降ったとか!

4_8.jpg


さて、本日はカウフマン療法についてご説明させていただきます。

<カウフマン療法とは>
カウフマン療法は自然の排卵周期に類似した内分泌環境となるように、前半はエストロゲンを、後半はプロゲステロンを併用し、生理不順である、無月経状態が続いている、不正出血が続いているなどの場合に、カウフマン療法という治療法を受けることがあります。

<治療の対象となる疾患>
・月経周期の異常
・月経の持続期間の異常
・月経血量の異常
・月経前症候群に対して
・早発月経に対して
・機能性子宮出血
・更年期障害

<不妊治療におけるカウフマン療法>
カウフマン療法により外部からホルモン補充を行うことで脳は体内ホルモンが足りていると判断し、卵巣は休息状態になり、原則排卵はしなくなります。
その為、無排卵等の方はカウフマン療法を数ヶ月繰り返した後にホルモン補充を中止すると、「リバウンド効果」により体内のホルモン分泌が促され、身体が自然な生理周期を取り戻し、排卵が復活する可能性があります。

弊社でご案内している卵子提供プログラムにおいても、月経不順の方や、閉経後の方には、このカウフマン療法を用いて月経の誘発を行います。

月経周期が乱れていたり、閉経している方であっても、カウフマン療法により月経を誘発し、子宮の状態を整えることで、受精卵の移植が行える状態を作ることが可能になります。
必要な治療を取り入れながら、バランスの取れた食事や、適切な運動にも心がけて妊娠に向けて調整いたしましょう。


卵子提供・精子提供・着床前診断のTFC
Copyrightⓒ2015 TFC Thai Fertility Center
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ


posted by TFC at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 不妊治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。