2015年03月20日

男性の不妊と染色体

こんにちは。花曇りというには少し早いでしょうか。花見の季節が待ち遠しいです。


ピンクの桜.jpg

男性不妊について、無精子症の人には8〜15%の割合で染色体に異常があると言われています。
無精子症の他にも乏精子症の方には転座などの異常が、あり、精子の数が少なくなればなるほど異常の割合も増えます。

また、性染色体上でY染色体異常がある場合は、男の子にその異常が受け渡されます。

不妊の原因は主に卵子・女性側にあると思う方もあるかもしれませんが、男性側の要素も踏まえて、精子についてももっと注目し、男性側も診察を受ける機会を増やすことで、今後の不妊治療に役立つと思います。
また、弊社の着床前診断プログラムにおいてもある程度染色体をチェックすることが可能です。

今一度、男性の不妊について考えてみてはいかがでしょうか。



卵子提供・精子提供・着床前診断のTFC
Copyrightⓒ2015 TFC Thai Fertility Center
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
posted by TFC at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 男性の不妊因子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック