2014年12月25日

精子にまつわるお話し

Merry Christmas!
皆様、本日は聖なるクリスマスです。
最近知った事なのですが、クリスマスイブに使われる”イブ”。前日をさす言葉だと思っていたら、なんと”イブニング”のイブからきている言葉だそうです。
クリスマスは、24日の日没から25日の夕方までの24時間を指し、クリスマスイブとは、クリスマスのイブニングという意味だそうです。

12_25.jpg

さて、前回のブログの記事で「精子の老化」のお話しをいたしましたが、、本日はその精子にまつわるトリビアをご紹介。

◎最高1週間生き延びる!
通常、交渉後にあなたの体内に48時間ほど居ると言われる彼らの寿命、フィッシュ氏によると、最高1週間に上ることも。あなたの頸管粘液がどれだけその精子にとって「フレンドリーか」によるのだそう。興味深いことに、排卵期には頸管粘液は精子を守って少しでも長く体内にとどまることができるよう変化します。

◎気温により量が変化する
気温により精子の量が変わり、夏に少なく冬には多くなる傾向に。熱に弱いため、ノートPCを膝の上に置いて使っていたりするだけでも違いが。フィッシュ氏は「40度を超える湯船に入るだけで劇的に量が減り、影響はその後数ヶ月にも及ぶ」と忠告しています。

◎精子の中でも男女平等
精子の中でX染色体、Y染色体ができる確立は一緒で、またどちらかが早く動いたり、活力がある、といった説は「神話だ」とフィッシュ氏。ちなみに女性はXX、男性はXY。どちらかが出来る可能性は基本的に変わらないのだとか。

もっと知りたい!と思った方はこちら↓
ちょっと友達とは話しづらいけど知りたい!「精子」のトリビア9選


卵子提供・精子提供・着床前診断のTFC
Copyrightⓒ2014 TFC Thai Fertility Center
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ


ラベル:トリビア 知識
posted by TFC at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 精子提供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック