2014年12月17日

着床前診断、日本でも臨床研究へ

こんにちは。

クリスマスまであと一週間、厳しい寒さが続いていますね。
今年はホワイトクリスマスになるのでしょうか。

tfc1217.jpg


弊社では設立来、タイでの着床前診断プログラムを提供しておりますが、やっと日本でも着床前診断に向けて動き出したニュースが有りましたのでご紹介させて頂きます。


日本産科婦人科学会は13日、理事会を開き、体外受精させた受精卵のすべての染色体を調べ、異常のないものを子宮に戻す「着床前スクリーニング」の臨床研究の実施計画案を承認した。

来年2月にシンポジウムを開き、一般の意見を聞いた上で、来年度にも臨床研究を始める。

妊娠年齢が高くなり、不妊治療をしても出産に至らないケースが増えている。染色体の異常が原因の一つと考えられている。

臨床研究は、受精卵を調べ、異常がないものだけを子宮に戻すことで、妊娠の可能性を高めたり、流産を減らしたりできるかどうか検証する。体外受精を3回以上失敗したり、流産を2回以上経験したりした女性が対象。600人を着床前スクリーニングを行う群と行わない群に分け、妊娠率や流産率の差を調べる。

臨床結果は3年でまとめるという話もあり、一般的に実施されるのにはまだまだ時間がかかるようです。
命の選別につながるのではという批判もありますが、流産率を下げる目的でも海外では実施されており、長年不妊治療で悩まれたご夫婦には有効な手段と言えるのではないでしょうか。

弊社では自己採卵での着床前診断プログラムを始め、卵子提供でもオプションにて着床前診断を承っております。
ご興味のある方は、ぜひ弊社ウェブサイトをご覧ください。

卵子提供・精子提供・着床前診断のTFC
Copyrightⓒ2014 TFC Thai Fertility Center
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
posted by TFC at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック