2014年08月21日

精液検査とは?

こんにちは!
今日も蒸し暑くて、ベタベタしていますね。

たけ.jpg


さて、本日は精液検査についてお話したいと思います。最近は、不妊の原因は女性にあるだけじゃなくて、男女半々ずつにあるということが判明されています。

精液検査は男性不妊の治療でよく行う検査の一つです。精液検査は以下のようなことを教えてくれます。
・精液量
・精液濃度
・運動率
・直進性率
・精子正常形態率
・精子生存率
・白血球数

精液検査でわかる、以下のような精子に関する男性不妊の症状をご紹介します。

乏精子症
精液中の精子の数が少ないです。1ml精液の中で、精子が2000万以下の場合、乏精子症と呼びます。それより少し下回るくらいはあまり気にしなくても良いと言われる場合もあります。

精子無力症
精液中の精子があまり元気がない状態です。精子の運動率は速く前進する精子、ゆっくりと前進する精子、前進しない精子と動かない精子で分類されています。

無精子症
精液中の精子が見当たらない状態です。無精子症の8割が非閉塞性無精子症、2割閉塞性無精子症と言われています。

精子不動症
精液中の精子が生きてはいるものの、ほとんど動いていない状態のことです。


不妊治療を受ける場合、男性側の検査も必要ですね。
女性のほうだけじゃなくて、不妊治療は男女両方のご協力が大切ですね。

弊社精子提供プログラムの詳細は、ぜひホームページをご覧ください。


卵子提供・精子提供・着床前診断のTFC
Copyrightⓒ2014 TFC Thai Fertility Center
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

posted by TFC at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 不妊治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック