2014年03月07日

子宮内膜症の原因とは

こんにちは!

冬の寒さが折り返しやってきた最近は、夜寝る前にゆっくり時間をかけて白湯を飲むようにしてます。
新陳代謝が良くなって、足元がなんだか暖かい気がします。
皆様は、どのような寒さ対策をされておりますか。

子宮内膜症.jpg


子宮内膜症は、不妊期間の3人に1人が抱える病気だと言われています。
不妊=(イコール)子宮内膜症ではなく、妊娠がしづらくなる要因の一つではあるかもしれません。

子宮内膜症はこんな病気です!

子宮内膜症は、子宮の内側にある内膜がなんらかの原因で、子宮以外の部分にくっついてしまうことが原因で起こります。
子宮以外の場所で増殖した子宮内膜は腹腔内にとどまり、炎症や痛みの原因になります。

子宮内膜になる原因は?

子宮内膜症にかかる人が増えている最大の原因は、女性のライフスタイルの変化による月経回数の増加だと言わています。
晩婚化、晩産化が進み、女性が一生のうちに経験する月経の回数は、戦前の女性に比べておよそ10倍も多くなっているのです。

子宮内膜症の女性は、そうでない人よりも受精、着床を妨げる物質が多く分泌されているため不妊になる、という研究報告もありますが、子宮内膜症の人すべてが不妊というわけではありません。

できるだけ早いうちに信頼できる医師と相談し、治療を始めることが何よりも大切です。
生理痛がひどいと感じたら、すぐに先生と相談したいですね。

卵子提供・精子提供・着床前診断のTFC
Copyrightc2008-2014 TFC Thai Fertility Center
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ




posted by TFC at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 不妊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック