2014年03月05日

受精卵のグレードって一体なに?

こんにちは!
先週末から、少しずつ暖かくなってきたと思いきや、3月の季節はやはり、気分屋さんですね。
この時期は、外部からの影響で体調に影響しやすい時期です。
マスクを着用する事を心がけたいですね。

受精卵.jpg

さて、体外受精の成功の鍵は、いかに良い受精卵ができるかが、大きなポイントです。
質のよい受精卵の着床率は高く、逆に、質の悪い受精卵の成功率は低い傾向になります。 
では、この「受精卵のグレード」の見方は、わかりにくかったり、間違いやすいポイントもありますので、ご説明させて頂きます。 

「受精卵のグレード」は、きれいに分割しているかを基準としています。
細胞分裂した際の細胞が、きれいな丸であればいいのですが、分割した細胞のいくつかが、細胞が壊れてしまっているもの(フラグメンテーション)が、あったりします。
そのフラグメンテーションの割合が多ければ多いほど、質が悪い卵で、グレードの数値が大きくなっていきます。

  • グレード1:分割が均等で、フラグメンテーションがない
  • グレード2:分割が均等で、フラグメンテーションが10%以下
  • グレード3:分割が不均一で、フラグメンテーションが10%以下
  • グレード4:分割が不均一で、フラグメンテーションが10〜50%
  • グレード5:分割が不均一で、フラグメンテーションが50%以上

受精卵の格付けですが、どうして行うかというと、クオリティによって妊娠確率(着床するかどうか)が全く異なってきます。
弊社では卵子提供をご提供しておりますが、やはり受精卵のグレードは治療を行う際,非常に重要視しております。

卵子提供をご検討の際は、是非弊社までお問い合わせ下さい。

卵子提供・精子提供・着床前診断のTFC
Copyrightc2008-2014 TFC Thai Fertility Center
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ







posted by TFC at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 卵子提供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック