2013年11月12日

頸管粘液検査とは

こんにちは
今日はすごく寒い日ですね。
北海道や東北地方ではすでに積雪があり、秋一番の冷え込みとのことです。


autumnmountain1.jpg


さて、今日は頸管粘液検査についてお話をしたいと思います。

精子が子宮へ入るのを助ける動きが十分かを調べる
頸管粘液とは、子宮頸管から分泌される粘液で、おりもののことをいいます。
普段は子宮内への細菌の侵入を防ぐ働きをしています。
排卵日前になると、精子を子宮内へと入れやすくするために頸管粘液の量が増えて粘稠性(のびぐあい)が増します。
この分泌量が少なかったり、状態が変化しないと、精子が子宮の中に入りにくい頸管粘液不全などになっている可能性があります。

「 頸管粘液不全とは 」
精子の動きをとめてしまう障害に頸管粘液不全があります。
排卵期に粘稠性が増して精子が子宮頸管を通過するのを助けます。
この頸管粘液が少なかったり、粘液の状態がうまく変化しないと、精子が子宮頸管を通れなくなり、不妊の原因に。
治療にはホルモン剤や抗生物質が使われますが、改善しない場合は人工授精にすすみます。

検査は排卵期に頸管粘液が正常に分泌されているか調べます。
針のない専用の注射器を膣から入れて採取し、粘稠性や量、透明度をチェックします。
排卵間近の頸管粘液は長くのびる性質があり、10cm以上ものびます。
これは排卵日が近い兆候とされます。

顕微鏡で結晶を見て、排卵日を予測する
採取した頸管粘液をガラス板の上にとって乾燥させ、顕微鏡で見ると、シダの葉のような結晶が見えます。
これをシダ状結晶といい、粘稠性同様、排卵日が近いしるしとなります。
頸管粘液検査は排卵日のよそくにも欠かせない検査です。
したがって一度行えばよいというものではなく、タイミング療法を受けている間は毎月行われることになります。




卵子提供・精子提供・着床前診断のTFC
Copyrightc2008-2013 TFC Thai Fertility Center
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ




posted by TFC at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 頸管粘液検査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック