2013年08月05日

異常胎児選びを回避するには

今朝の読売新聞は一面にて、「異常胎児選んで減胎手術36件」という記事を書かれております。

胎児の状態で、自身の子供がダウン症やその他の染色体異常が判明した場合、現状、ご両親には厳しい選択が迫られるという事実を、今回の記事はより明らかにしております。

異常胎児.jpg


このような状況を避けるために、弊社がご提供しております着床前診断プログラム(PGDプログラム)が非常に注目されております。

着床前診断は出生前診断とは異なり、胎児の状態ではなく、受精卵の状態で、ダウン症やその他染色体異常が判明いたします。

そのため、受精卵に染色体異常があると判明すると、その受精卵を奥様に移植しなければ良いだけで、堕胎をしなければならない苦しい選択を回避することが可能となります。

もし産まれてくるお子様の染色体異常が御心配でしたら、弊社までお気軽にご相談くださいませ。


異常胎児選んで減胎手術36件…長野の産科医

出産の危険が高まる双子や三つ子などの多胎児を妊娠した際、胎児の数を減らす減胎手術の実施を公表している諏訪マタニティークリニック(長野県下諏訪町、根津八紘院長)で、異常が見つかった胎児を選んで手術を行ったケースが、これまでに36件あることがわかった。

8日から大分県別府市で開かれる日本受精着床学会で発表される。母体保護法は減胎手術について定めておらず、国も具体的な指針を作っていないが、こうしたケースが初めて明らかになったことで、今後、議論を呼びそうだ。

同クリニックによると、減胎手術の理由は、ダウン症などの染色体の病気が25件、胎児のおなかや胸に水がたまる胎児水腫などの病気が11件だった。31件が不妊治療による妊娠だった。

いずれも、夫婦が「減胎できなければ、すべての胎児を中絶する」との意向を示したという。今回の減胎手術について、根津院長は「一人でも命を助けるために、やむを得ず行った」としている。

◆減胎手術=多胎妊娠となった場合に、母子の安全性を高めるための処置として始まった。超音波で確認しながら、子宮内で一部の胎児を心停止させる。通常、胎児の異常がほとんどわからない妊娠初期(12週未満)に行われる。







卵子提供・精子提供・着床前診断のTFC
Copyrightc2008-2012 TFC Thai Fertility Center
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ




posted by TFC at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 着床前診断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック