2013年07月24日

無精子症とは

こんにちは
英国のキャサリン妃が出産した男の子を初披露しましたね。
イギリス連邦のオーストラリアやニュージーランドでロイヤルベビーの誕生に市民の歓声が上がったみたいです。

manthinking.jpg

今日は男性不妊原因の1つ「無精子症」についてお話をしたいと思います。
無精子症とは言葉の通り、精液の中に精子が1個も見当たらない状態が無精子症です。
無精子症の約2割は閉塞性無精子症で、残りの8割が非閉塞性無精子症です。

閉塞性無精子症とは、精子はつくられているけれど、通り道がふさがれていて精液に精子がまざれない状態をさします。
判断基準として、血清FSH(卵胞刺激ホルモン)が正常で、精巣の大きさが正常なら、大半は閉塞性無精子症です。

非閉塞性無精子症とは、精巣そのものにダメージがあって精子をうまくつくれない状態にあります。
血清FSHが上昇していて精巣が小さい場合、ほとんどが非閉塞性無精子症です。

現在、10人に1人が精子に問題を抱えていると言われています。
気になるけどためらっている場合は、夫婦ともに受診してみましょう。




卵子提供・精子提供・着床前診断のTFC
Copyrightc2008-2013 TFC Thai Fertility Center
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ






posted by TFC at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 不妊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。