2013年06月05日

テレビを見る時間に比例する精子の運動率?

こんにちは。

昨日の日本対オーストラリア戦は、大いに盛り上がりました。
5年連続の、ワールドカップ出場のチケットも無事手に入れて、今後の日本代表の活躍がとても楽しみです。

さて、本日は運動をするよりも、家でテレビを見る時間が多い人の精子の運動率についての記事をご紹介させて頂きます。


no-title


テレビの見過ぎで精子濃度が低下? 米研究

(CNN) 日常生活の中で体を動かす機会が少なく、テレビの前で過ごす時間が長い男性は、精子の濃度が低い――。

米ハーバード公衆衛生大学院のチームがこのほど、そんな研究結果を発表した。

研究をまとめたのは、博士課程に在籍するオードリー・ガスキンズさん。
食生活や運動が精子に及ぼす影響を数年前から研究している。

運動が体に良いことを示す研究は、これまで数多く発表されてきた。
体内で生じるフリーラジカルや活性酸素が細胞を傷つけて「酸化ストレス」を増大させることや、この酸化ストレスの軽減に運動が有効であることなどが分かっているという。

運動には精子を酸化ストレスから守る働きもあるはずだというのが、ガスキンズさんの発想だ。

ガスキンズさんらは18〜22歳の健康な男性189人を対象に、1週間に運動する時間とその強度、テレビの視聴時間などを尋ねたうえで、病院で全員の精液を採取。
精子の大きさや形、運動性、濃度、総数を分析した。

運動以外の要因を調べるために健康診断を実施し、食生活や体重、ストレス、喫煙習慣などについても調べた。

その結果、週に15時間以上、中度から強度の運動をしているグループは、運動時間が5時間未満のグループに比べ、精子の濃度が目立って高いことが分かった。

一方、週に20時間以上テレビを見るグループの精子濃度は、週0時間のグループのほぼ半分にとどまった。

食生活や体重、喫煙の影響はみられなかった。

精子の大きさ、形、運動性には運動時間やテレビの視聴時間による違いがなかったという。

ただし、対象の人数が比較的少ないことや、精液の採取が1回だけだったこと、運動時間などを自己申請としたことなど、問題点もある。

運動と精子濃度が関連している可能性は示したものの、因果関係を立証したわけではない。

この研究から「運動すれば子どもができやすくなる」「テレビを見過ぎると精子が傷つく」と結論付けることはできないが、体のために、そして多分、精子のためにも、テレビの時間を削って運動にあてる方が良さそうだ。

 
何事にも、健康を維持するためには、適度の運動や、バランスのとれた食事が大切な鍵となってきます。
皆さんも、病気等を事前に防ぐためにも、健康的な生活を心がけて下さいね。

卵子提供・精子提供・着床前診断のTFC
Copyrightc2008-2013 TFC Thai Fertility Center
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ




posted by TFC at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック