2013年02月22日

受精卵のグレードって?

みなさま、こんにちは。
寒い日が続き、体調を壊されている方はいませんか?
体調管理には気を付けたい季節ですね。

さて、弊社でご提供しております卵子提供プログラムでも、受精卵がとても重要となります。
そこで、今日は受精卵のグレードについてお話ししたいと思います。


通常、受精卵は5つのグレードに分類され、A〜Eまたは1〜5と以下のように評価されます。

グレードA(又は1)
卵割球の形態が均等でフラグメンテーションがないもの(フラグメントとは卵割の過程でできる遺伝子の入っていない細胞質の断片のことです)

グレードB(又は2)
卵割球の形態は均等でフラグメンテーションが10%以下

グレードC(又は3)
卵割球の形態が不均等でフラグメンテーションが10%以下

グレードD(又は4)
卵割球の形態が不均等でフラグメンテーションが10−50%

グレードE(又は5)
卵割球の形態が不均等でフラグメンテーションが50%以上

この分類の中で移植するのに理想的な受精卵はグレードA(又は1)、及びグレードB(又は2)です。
やはり、受精卵のグレードにより妊娠する確率が全く異なります。
その為、タイ・ファーティリティ・センターでは卵子の質を非常に重要視しており、健康で若い20代の日本人またはタイ人卵子ドナーさんをご紹介しております。
質のよい卵子が採れるということは、グレードの高い受精卵が出来る確率が高くなります。

卵子提供による不妊治療をお考えのご夫妻は、ぜひ一度TFCへお問合せ下さい。

卵子提供・精子提供・着床前診断のTFC
Copyrightc2008-2013 TFC Thai Fertility Center
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
posted by TFC at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 不妊治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック