2012年11月20日

不妊症の割合が10%に、原因に中絶やストレス―中国

こんにちは。
最近冷え込んで参りましたね。
寒さは女性のカラダに大敵!
カイロやフリースなどで暖を取りましょうね!
さて、日本より冷え込みが厳しい中国よりニュースです。

男性不妊.jpg


不妊症の割合が10%に、原因に中絶やストレス―中国


2012年11月18日、重慶市婦幼保健院によると、中国では不妊症の割合は約10%に上る。
同院はこれまで1万件以上の体外人工授精に成功しているが、不妊症の原因について、中絶による卵管の詰まりなどの後遺症が影響していると指摘した。
19日付で重慶商報が伝えた。

重慶市婦幼保健院生殖センターの劉東雲(リウ・ドンユン)氏によると、中国の不妊症の割合は約10%で、毎年3000人余りが同院で不妊治療を受けている。
2004年の調査では、不妊症の約70%が過去に中絶手術を受けたことによるものとしている。

記事は、頻繁で非規範的な中絶が子宮と卵管を傷つけ、特に卵管の詰まりは不妊を招く要因になると指摘。
男性の不妊については、食生活や環境、ストレスなどを原因に挙げた。


今や、日本だけでなくアジア諸国でも妊娠に対する意識が高まっているようですね。
ストレスをためない様な生活を心掛けたいですね!


卵子提供・精子提供・着床前診断のTFC

Copyrightc2008-2012 TFC Thai Fertility Center
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ




posted by TFC at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 不妊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック