2012年10月22日

不妊治療のステップアップとは?

こんにちは。
今日は年齢に応じた不妊治療についてお話させて頂ければと思います。
一般的に、原因が不明確な場合の不妊治療は年齢に応じて段階的に進めることが一般的です。

35歳未満の方の場合、タイミング法を半年程度続け、人工授精や体外受精へとステップアップしていきます。
しかし、35歳以降は妊娠率が年々低下していくことから、早めに人工授精や体外受精を検討する必要もあり、信頼のおける医師との出会いが非常重要です。


また、年齢が上がるにつれて、卵巣機能が低下することで、卵子の質に影響を及ぼし、妊娠が難しくなることは知られています。
高度生殖医療及び不妊治療は体への負担や経済的に負担の小さい治療から、取り組むことが良い結果への近道と言われています。

弊社では、アメリカと同水準の最先端生殖医療を低価格で安心してお受けるよう、タイ(バンコク)の病院での治療をご紹介いたしております。
タイはメディカルツーリズムが盛んに行われており、高度生殖医療のみならず、医療設備の整った病院が多くあることで知られており、近隣諸国から多くの患者様の受け入れを行っております。

海外での不妊治療(卵子提供、精子提供)や着床前診断を検討中の方は、是非一度お気軽にご相談下さいませ。

卵子提供・精子提供・着床前診断のTFC
Copyrightc2008-2012 TFC Thai Fertility Center
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ


posted by TFC at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 弊社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。