2012年07月06日

夏はタイでPGDをしタイ!

こんにちは。
みなさん、夏季休暇にタイでゆっくり、なんていかがですか?
目の覚めるような美しい海と手つかずの自然が残るビーチ・リゾートの宝庫であるタイ。
世界的な知名度を誇るパタヤやプーケットをはじめ、代々の王室に愛された保養地ホアヒンとチャアム、ダイナミックな石灰岩の切り立つ風景が印象的なクラビ、全島がココナッツの木に覆われダイビングやアイランド・ホッピングが楽しめるサムイ島など、個性的で魅力あふれるスポッ
トは国内に数えきれません。

そんなすばらしい環境でのリゾートステイは、まさに極上。
エメラルドグリーンに輝く海がすぐ目の前のオンザビーチのヴィラや絶景の崖上に建つホテル、小粋で隠れ家のようなデザイナーズ・ホテルから至れり尽くせりのラグジュアリーなリゾートまで、ホスピタリティあふれるタイの人々が素敵な思い出づくりを演出してくれるでしょう。
もちろん新鮮なシーフードにこだわったタイ料理や、心身ともに癒されるスパも魅力。
そしてそのどれもが、たいへんリーズナブルなお値段で提供されているのも、タイならではのことです。
その他にもショッピングやナイトライフ、歴史的・文化的な建造物めぐり、大自然の中でトレッキングやゴルフと、タイのビーチ・リゾートの楽しみ方は本当にさまざまです。

thailand4.jpg

さて、そんなタイで弊社タイファーティリティセンターは、卵子提供、精子提供、着床前診断をご案内しております。
着床前診断プログラムとは、着床前遺伝子診断あるいはPGD(Preimplantation Genetic Diagnosis)とは、着床前あるいは女性の体内で妊娠が起こる前に受精卵の遺伝子を診断する技術です。
これは体外受精の際に使われる技術で、胚移植を行ない、女性に妊娠を成立させる前に特定の遺伝病のない受精卵のみを移殖するように行われるものです。
この検査では、受精後3日目の受精卵から細胞を一つ取り出し、特定の遺伝子異常が見られないかどうかを遺伝学的に審査するものです。

それでは、PGDを行うメリットとは、なんなのでしょうか。
PGDの利点は、妊娠を成立させようとする際、女性の体内に遺伝子異常のない受精卵のみを移植できることにあります。
このため、PGD検査を行なった後の妊娠中検査で胎児の遺伝子異常が見つかることは非常に稀です。
ゆえに妊娠が成立してしまってからご家族が妊娠を中止させるかどうかを決定せざるを得ないという様な状況に置かれることは殆どなくなるでしょう。

PGDはまた、片親の家系に著しい遺伝子異常がある可能性があるにも関わらず、当人がそれを調べるための検査を受けたくないという場合にも便利な検査です。
この様なカップルが、自身がその遺伝子を持っているかどうかは知りたくないが、その病気に罹っていない子供をもうけたいという場合には、PGDを受けることが1つの選択肢となります。
その病気の遺伝子のない受精卵のみを移植し、受精卵遺伝子検査の結果はそのカップルには知らされません。
” 告知しない”PGDが可能となる例には、ハンティントン病、筋ジストロフィー、脊髄小脳変性症、そしてその他の検査可能な大人になってから発症する病気があります。

また、PGDを行う過程で受精卵の性別も分かります。胚移植時にはこの情報をお教えすることができますので、それによってどの受精卵を移植したいかを決めて頂くことも可能です。

PGDをお考えの方は、ぜひ弊社タイファーティリティセンターまでご相談くださいませ。


卵子提供・精子提供・着床前診断のTFC
Copyrightc2008-2012 TFC Thai Fertility Center
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ




posted by TFC at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 着床前診断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック