2012年06月07日

生命力と繁殖力の強い「子宝草」

こんにちは。
「子宝草」という植物をご存知ですか?
子宝草はカランコエという多肉植物の仲間で、その名の通り周り沢山の子株を葉っぱにつけていく繁殖力の強い観葉植物です。

009-Kalanchoe daigremontiana_1.jpg

「子宝草」は子孫繁栄の象徴として、妊娠を望むときに育てる植物ともいわれるようになり、花が咲くと可愛い薄い紫やピンク色で、心をそっと癒してくれます。

また、「子宝草」を育てる一番の楽しみと言えば、葉に沢山できる子の繁殖ではないでしょうか。
親の葉の周りに出来る子株を土に乗せたり水に浮かべるだけで簡単に増やすことができます。
増やした子の「子宝草」は、近所におすそわけや友達にプレゼントしてはいかがでしょう。

子宝草の株分けは方法は、葉にできた子株が自然と落下するので、その子を取って普通の用土に乗せる、又は水に浮かべると根が生えてくるので、鉢に植え付ければ直ぐに根付きます。

「子宝草」の育て方は、日当りを好むので、年間を通じて日当りの良い場所で育てるのが良いですが、真夏の直射日光は強すぎてぐったりするので、日陰で育てましょう。
水やりは、多肉植物なので少し乾燥気味に育て、表面の土が乾いてきたら水を上げ、冬場は根腐れしないよう控えめにしましょう。

子供が授かるといったジンクスは定かではありませんが、明るい希望を持てる縁起の良い名前ですね。



卵子提供・精子提供・着床前診断のTFC
Copyrightc2008-2012 TFC Thai Fertility Center
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ




posted by TFC at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | リラックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック