2012年01月17日

紅茶で卵巣を活性化?!

おはようございます!

さて、今日は卵巣の働きに関してお話させて頂きたいと思います。
臓器の中でも、卵巣は「沈黙の臓器」と呼ばれているそうです。
例えば、卵巣がんが出来た場合、静かに進行し、症状が出始めたときにはすでにかなりの段階まで進んでいることがあるそうです。

それほど日ごろは静かにひっそりとしている卵巣。
でも、その静かさとは正反対に、かなり重要な役割を果たしてくれているのです。
妊娠するためには、卵巣が元気であることがとても大切で、卵巣が元気であれば質の良い卵子ができやすくなります。
また、質が良い卵子が出来れば、妊娠にかなり近づくのです。


子宮はホルモン補充をすればある程度良い状態になるので、質の良い受精卵さえあれば、高齢の方であっても妊娠が可能です。
しかし、卵巣は年齢が進むにつれて衰えていき、原始卵胞が減っていくばかりなので、だんだんと良い卵が出来にくくなってきます。
年齢を重ねるごとに妊娠力が弱まってゆく卵巣を、少しでも元気にして、出来る限り質の良い卵が育つようにする方法として、卵巣の血流を良くすることが効果的と言われています。

今日は卵巣の血流を良くするために、紅茶は手軽に取り入れることができ、オススメですよ。
また、茶葉は女性ホルモンに良い効果があるそうですので、女性には嬉しいですね。
休憩時間にはコーヒーという方も多いかと思いますが、お茶やハーブに興味がある方は、ぜひお試しになられてはいかがでしょうか?

卵子提供・精子提供・着床前診断のTFC
Copyrightc2008-2011 TFC Thai Fertility Center
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
posted by TFC at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | タイのいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック