2011年11月25日

年齢に応じた不妊治療とは?

みなさん、こんにちは。
随分と寒くなってきましたね、外出時には手袋とマフラーが手放せませんね。

さて、今日は年齢に応じた不妊治療についてお話させて頂ければと思います。
一般的に、原因が不明確な場合の不妊治療は年齢に応じて段階的に進めることが一般的です。

35歳未満の方の場合、タイミング法を半年程度続け、人工授精や体外受精へとステップアップしていきます。
しかしながら、35歳以降は妊娠率が年々低下していくことから、早めに人工授精や体外受精を検討する必要もあります。


年齢が上がるにつれて、良い卵子が減り、妊娠が難しくなることは知られています。
不妊治療は体への負担や経済的な負担の小さい治療からよく医師と相談をしながら取り組むことが良い結果への近道です。

弊社では、高度生殖医療をメディカルツーリズムが盛んなタイのバンコクにてご紹介しております。
タイでの卵子提供や着床前診断は欧米のような高額で手の届かない治療方法ではありません。

1組でも多くのご夫妻にお子様を授かって頂けますよう、ご負担の少ない費用で安心の不妊治療をご案内させて頂くことが弊社の願いです。
ぜひ、メールまたはお電話でお気軽にご相談下さいませ。

卵子提供・精子提供・着床前診断のTFC
Copyrightc2008-2011 TFC Thai Fertility Center
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ


posted by TFC at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 不妊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。