2011年08月16日

体外受精のメリットとは?

みなさん、おはようございます。
今日も猛暑日、まだまだ日焼け対策が必要ですね。

さて本日は、体外受精のメリットについてお話をさせて頂ければと思います。
日本にて不妊治療を受けられている方の多くはご存知かもしれませんが、日本の体外受精の歴史は、1983年東北大学医学部付属病院にて、体外受精が成功したのが始まりです。
その後、日本国内の様々な大学や病院で研究が進められています。

不妊治療を進める中で、医師から「体外受精」と聞かされると、大変な治療のような感じがしますが、生殖医療技術は進歩し、治療の際の痛みはほとんどありません。
また、多くのご夫妻がこの方法で赤ちゃんを授かっています。


体外受精のメリットとは?
体外受精のメリットは卵子と精子の受精が体外で行われるよう手助けし、また胚を育てます。
卵管に問題がある場合や精子の数が少なくてなかなか卵子までたどり着けないといった場合に、大変有効な方法です。

また、エッグドナーから提供された卵子を奥様の子宮に戻す(移植)際にも、体外受精が行われます。
卵子の質の低下により、自己卵子でのご妊娠が難しい方々にも、この治療によってお子様を授かって頂くことが可能になります。

弊社では、海外での不妊治療プログラムを通して、多くの方々のサポートをさせて頂いております。
海外の治療をお考えの方はぜひ一度、TFCまでご相談下さいませ。



卵子提供・精子提供・着床前診断のTFC
Copyrightc2008-2011 TFC Thai Fertility Center
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ





posted by TFC at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 弊社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック