2020年01月10日

ハンガリー不妊治療を無償化

みなさんこんにちは。不妊治療は多くの費用を要します。

ハンガリー不妊治療を無償化.jpg

日本では行政の支援が得られる体制がありますが、その支援を受けたとしても費用は高いです。
高額な医療費を賄うために共働きをして、仕事をしながら通院するといったことをされている方も多いはずです。
今日は下記の報道をご紹介いたします。

"【AFP=時事】ハンガリーのオルバン・ビクトル(Orban Viktor)首相は9日、人口減少対策の一環として、将来的に国営医療機関での不妊治療を無償化する方針を打ち出した。
オルバン首相は首都ブダペストで開いた記者会見で、2月1日から不妊治療に使用される医薬品を無償化することに決まったと発表。また、体外受精(IVF)は将来、「市場ベースではなくなる」とも述べた。
ハンガリー政府は先月、ブダペストの民間不妊治療院4院と首都以外の2院の計6院を買収すると発表した。首相はあくまで「買収」で、無補償での「収用」ではないと強調した。

首相はさらに、不妊治療院は「国家戦略的に重要」であると説明し、民間企業の不妊治療院への投資については「許可されることはない」として、行わないよう忠告した。
ハンガリー政府は、カップルにより多くの子どもをもうけてもらうための奨励金など、人口減少対策を相次いで実施している。
ハンガリーの人口は980万人だが、公式統計によると出生数は年々減少している上、過去10年間には、何十万人もの国民が西欧を中心とする国外に転出している。

ある閣僚は先月、不妊治療無償化によって2022年までに4000人の誕生が期待されると語った。
反移民強硬派のオルバン首相は、人口減少をはじめとする欧州の人口問題の解決策としての移民を認めていない。"

無償化の範囲が報道だけでは少し読み取りずらいです。
完全に全て無料化なのか、お薬だけなのか分かりませんたが、素晴らしいですよね。
国家として戦略的に人口減少に取り組む、その一環として不妊治療を無料化とするとしたわけですね。
人口減少や不妊治療で悩んでいる国は多いと言えるのでしょうね。

弊社TFCのプログラムをご検討の方、プログラムにご興味がある方、一度話を聞いてみたいと思われている方、ぜひ以下よりお問い合わせください。


posted by TFC at 12:00| Comment(0) | 不妊治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする