2019年12月27日

TFCの年末年始の営業日

みなさんこんにちは。令和元年も残す僅かです。

TFCの年末年始の営業日.jpg

今年も早いもので、年末のご挨拶をさせていただく時期となりました。

本年は格別のご愛顧を賜り、まことに有難く厚く御礼申しあげます。

弊社TFCの年末年始の営業日を下記の通りご案内申しあげます。

本年の営業でございますが、12月28日は18時をもちまして業務を終了する予定でございます。

甚だ勝手ではございますが何卒ご了承の上、万障お繰り合わせ頂きますようよろしくお願い申しあげます。

本年中のご愛顧に心より御礼申し上げますとともに、令和2年におきましても何卒ご高配を賜れますよう願い申しあげます。

・令和元年12月28日 18時 営業終了
・令和2年 1月 7日 10時 営業開始

弊社TFCでは精子提供プログラムや卵子提供プログラムをご用意しています。ご検討の方はぜひお問い合わせください。


posted by TFC at 12:00| Comment(0) | 弊社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月25日

タイへの旅行者数

みなさんこんにちは。弊社TFCの卵子提供プログラムは主にマレーシアで行っていますが、タイでのプログラムのご案内も可能です。

thailand forign travler.jpg

地図でご覧いただくと分かりやすいのですが、タイとマレーシアはとても近いです。日本から築港便も多くありますので、渡航もしやすいです。

それぞれ特徴がありますが、何を目的とするかで渡航先は変わってきますし、旅行するのに適している時期というのがあり、シーズンが変わればやはり旅行者の数は変動しています。

"タイ観光・スポーツ省は24日、2019年11月にタイを訪れた外国人旅行者数が前年同月比5.9%増の335万8,592人だったと発表した。6カ月連続でプラスとなった。国・地域別で上位の中国やインドが伸びて、全体をけん引した。
外国人旅行者を国・地域別に見ると、中国が18.3%増の79万8,913人。4カ月連続で2桁増となった。2位のマレーシアは7.6%減の36万337人、3位のインドは22.6%増の17万3,337人。日本は4.1%増の15万4,870人だった。1〜11月の外国人旅行者数は前年同期比4.4%増の3,586万6,606人だった。

11月の外国人旅行者の観光収入は、前年同月比3.0%増の1,669億バーツ(約6,050億円)だった。国・地域別では、中国が14.3%増の390億バーツで最多。以下、ロシアが7.2%増の136億バーツ、マレーシアが10.4%減の94億バーツで続いた。1〜11月の観光収入は前年同期比3.9%増の1兆7,439億バーツだった。"

ここ半年間、タイを訪れられた海外からの観光客は増加しているそうです。
驚きなのは、ひと月当たりの観光収入の多さです。前月タイでは観光収入が6,050億円もあったとのこと。

弊社TFCではマレーシアやタイで精子提供プログラムや卵子提供プログラムをご案内しております。
ご検討の方はぜひお問い合わせください。


posted by TFC at 18:49| Comment(0) | 弊社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月20日

不育症の助成

みなさんこんにちは。妊娠はするものの流産を繰り返してしまうことを反復流産と呼び、3回以上流産を繰り返すことを習慣流産と呼んでいます。

Metropolitan government.jpg

流産などで生児が得られない状態は不育症と呼ばれています。不育症の原因ははっきりしないことの方が多いのですが、因子としては下に記載している事項があります。

・染色体や遺伝子の異常
・子宮の形態異常
・甲状腺機能障害などの代謝障害
・細菌やウイルスの感染症
・喫煙や飲酒といった環境要因
・抗リン脂質抗体などの自己免疫疾患
・夫婦間のHLA抗原が類似している、など

不育症は検査を受けることで原因が特定できる場合がありますが、検査は検査の目的により変動します。
このたび、東京都では2020年からこの不育症検査を助成することにしたそうです。

"東京都は2020年から、妊娠しても流産や死産を繰り返す「不育症」の検査への助成を始める。子宮の形態検査などを受けた夫婦を対象に、最大5万円を給付する。不育症をもたらす要因を特定すれば適切な治療ができ、出産につながるとしている。

希望する夫婦は、検査終了後に医療機関が作成した証明書などを提出する必要がある。検査開始日の妻の年齢が43歳未満であることなどが条件で、都は20年1月6日から受け付けを開始する。

子宮形態検査のほか、夫婦の染色体検査などを給付対象とする。申請期限は検査終了から6カ月以内だが、19年4月以降に検査を始めて12月末までに検査を終えた人は一律に20年6月末までを期限とした。すでに都は不妊治療をする夫婦への助成制度を設けている。"

助成を受けるためには申告が必要のようです。
申告期限は半年以内だそうですので、来年以降検査を受診される方は忘れずに申告ください。

弊社TFCではマレーシアやタイで精子提供プログラムや卵子提供プログラムをご案内しております。
ご検討の方はぜひお問い合わせください。


posted by TFC at 12:00| Comment(0) | 弊社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする