2019年11月13日

AIによる精子運動性の測定

みなさんこんにちは。ここ数年、報道などで人工知能(AI)についてよく目にされているかと思います。

AI.jpg

今後AIは人間が担っていた仕事の多くを担ってゆくと危機感を感じる報道もあるのですが、AIだからこそ、そのメリットが大きい仕事も多いと思います。今日は、そんなことを感じさせる記事を紹介します。

"(前略)1066個の精子画像を学習させたことで、AIは動画内の精子を高精度(感度99%(※5)、陽性的中率92%(※6))で認識し、その運動性能を算出することに成功しました。

これにより、リアルタイムでの精子判別が可能になります。今後は、精子の形態を評価するAIの開発に移行し、精子の頭部、頸部の形態を学習させます。

その結果、2020年12月までに精子判別補助AIの開発を進め、これを搭載した顕微鏡の確立を目指します。

本内容は2019年11月7日、8日に開催された第64回日本生殖医学会学術講演会にて、東京慈恵会医科大学より演題名「顕微授精における機械学習による良好精子選別支援の実現性検討」として口頭発表されました。(以下省略)"
https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP523060_R11C19A1000000/

今回の報道は運動性についてです。つまり、動きがいいかAIが算定するそうです。

AIにより算定することで、培養士の負担軽減、評価や判断のブレをなくすなどにつながりますので、期待が多きいですね。
記事にある通り、精子の形態についての選別も今後AIの開発が予定されているそうです。
運動性のみならず、形態についてもAIによる選別が可能な時代が来るかもしれません。楽しみですね。

弊社TFCでは精子提供プログラムや卵子提供プログラムをご案内しております。
ご検討の方はぜひお問い合わせください。

posted by TFC at 16:34| Comment(0) | 弊社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする